「葛飾、最後のピース」メモ - さかえのよ

(潮)ミッドポイントはどこだったのか

「葛飾、最後のピース」メモ
01 /15 2018
葛飾なんたらを読んだ反省点の続き。

当時はハリウッド式の脚本術を知らなかった。
当然、ビートも知らなかった。
だから葛飾なんたらは、ビートがおかしい。
ビートの概念を知ってたらもっと違ったかな?
この作品、ビートが変だからダラけてる、っていうのもあるんじゃないかなと思った。
ビートとして観ると、もろもろのシーン配置がおかしい。
そんな感じだ。

正直、2幕に突入するまでは、まぁ無難にこなせてると思うんだ。
第1ターニングポイントもまぁ、あれでいいや。
問題を感じたのは、2幕。
特にミッドポイント周辺。

ミッドポイントについてメモしておくと。
ミッドポイントとは2幕の前半と後半をわけるポイントで、2幕前半の流れはここで終わる。
2幕前半における起承転結の結になる部分が、ミッドポイントということ。
後半からは、また別の問題(前半よりもっと重要で、物語の核心)が浮上し、その流れが動き出す。

作品のボリュームで言えば、一英編は48話なので、24話がミッドポイントというのが理想。
そこに何が起きてたかというと、一英が勤める会社の倒産。
ミッドポイントという転換点としては、アリなシーンだと思う。
じゃあ何が変だったんだろう???
会社が倒産することで別の流れが動き出す、というのはできるはずなのに。

2幕前半は、ビートでいえばお楽しみというビート。
お楽しみはお約束を果たすビート。
この作品でいえば、区内限定方向音痴の一英が、葛飾区内を迷子になりながら変人スカート男のナビで配達してく、というシーンがそれでいいんだろう。
ここもまぁおかしくないと思える。

ミッドポイントを会社倒産とした場合、絶好調か絶不調でいえば、絶不調だろうなぁ。
ミッドポイントが絶不調の場合、2幕後半からは主人公の巻き返しが描かれるそうな。
じゃあミッドポイント以降、一英の巻き返しが始まったかどうか。

…始まってねぇ。
さらに言えば、会社倒産によって前半と流れが変わった、ってわけでもねぇ。
会社倒産がミッドポイントになってねぇっつうことだ。

じゃあ他に流れが変わったところがあるだろうか。
あるとしたら、ルナに振られるシーンだと思う。
一英編の第36話。
あそこで振られて以降、一英周辺はちょっと変わる。
横浜への流れが断たれ、自分の中のヒーロー気質と向き合わなきゃならなくなるから。

うーん。
猛省するぜ。
今は全48話で、真ん中が24話(倒産)なわけだけど。
もし24話(倒産)からをスタートと考えると、ルナに振られる36話がだいたい真ん中になるわけだよ。

一番初めに考えていた構成はさ、一英の会社が倒産するところが小説のスタートだったんだよね。
そのままにしておけば、なんとなく良かったんじゃない?って思えてきた~~~。
(*´~`*)

なんで倒産スタートをやめてしまったかというと。
入れたいネタと、カレンダーとの戦いがあったからなのだ。
カレンダーに合わせたら、なんか色々日数が足りなくなって、だったら倒産を後回しにすればいいや、ってなったんだと記憶してる。

当初のように、倒産をスタートにして、ルナに振られるところをミッドポイントにして構成すれば、今よりも読みやすくなるかもしれんね。
2幕前半は、会社倒産をルナに隠しつつ、葛飾での配達と、横浜への再転職活動に奮闘。
しかし、努力の甲斐なく、ミッドポイントでルナに振られる。
2幕後半は、ヒーローとしての自分と向き合う展開。

なんか、そんな感じだったら良かったかも。
\(^o^)/
そのうち手直しできればする。




(潮)いつ始めようか迷う

「葛飾、最後のピース」メモ
12 /21 2015
現在、ちょうど半分が手直し終わったところです。
投稿を開始しようかどうか迷うところだなぁ…。
もう21日ですか。そうですか。
うーん、投稿開始をいつにするかはもう少し考えたい。
でも年内に始めたい(笑)
せめてあと5、6話が手直し終われば、投稿開始もできそうな予感なのですが。

(潮)一応、最後までいったぞ

「葛飾、最後のピース」メモ
12 /14 2015
さぁさぁ、隙間時間で猛烈な執筆をする俺様の登場だ!
執筆がひとまず最後まで終わり、テンションも高めですぜ!

これからまた、しょっぱなからの読み直しをはじめまして、手直しするところは手直しして。
そうだなぁ、できれば今週末、来週明けくらいには投稿を始めたいですね。
できるのか? ええ? できるのか?

わっかんないけど、次回巡回の作業チェック項目だけは淡々とこなすつもりだ!

(潮)オネエに足止めを食らう

「葛飾、最後のピース」メモ
12 /10 2015
ただいま、後から追加したシーンに着手していて、時間を取られています。
他のシーンはいくらか執筆が進んでいたから、サクサクやってこれたんですが、ここだけは一から書いている感じ。
で、オネエが二人出てくんですけど。
オネエなだけに、めちゃくちゃ絡み方がハバきかすというか。
文字数が増えちゃいまして、ここだけでもう一話増える勢いです。
二人も出したのがいけなかったのかしら…。
うーん、まぁもうしょうがないや。
なるようになれ。

ちなみに、オネエ二人組の名前は、ブランチェとマーシャ。
わが妹も覚えていないだろうが、この二人組の名はいずれまた別の作品で出てくる予定です。
どんだけ先の話になるかは、乞うご期待。
って、自分も忘れそうな。

(潮)のってきたぞ

「葛飾、最後のピース」メモ
12 /05 2015
だんだんと書きたいところに近づき、筆が乗ってきました。
やっぱり気乗りしなくても続けてれば、旅は先に進みますね。
昨日寝る前に書き終わったのは、14話。
ここら辺から、自分的に楽しいところに突入です。

7~12話はなかなかに詰まらないところで書くのも面倒だった^^;
映像だったらダイジェストみたいにしてすっ飛ばしたいくらいなんですけど。
こそこそと必要な情報を散りばめてたら、結構な話数になったエリアです。
多めの推敲覚悟で、とりあえず整えただけのエリア。
次の巡回での課題は、このエリアの始末かなと思います。
なるべく読み進めやすいように…飽きずに進んでもらえるように…

(潮)なかなかのペース

「葛飾、最後のピース」メモ
11 /30 2015
ただいま、7話を書き終えたところ。
平日には一日一話、土日は二日で一話。
そんなペースで書いていければ、まぁなんとかなりそう。
ストーリー自体は大晦日で終わるんだけど、
別に年明けてからも連載続いてたっていいんじゃないの?
なんて、ゆるーく考えたりもしている。

そうさ、トゥトゥトゥサークルでも歌ってた。

♪た、の、し、み、かたは、
じ、ぶ、ん、し、だい!


(潮)寒い

「葛飾、最後のピース」メモ
11 /27 2015
暑いなんて文句言ってたら、今日は急に寒くなりました。
朝なんかは息も白く、冷たい雨が降っていて、一気に冬っぽさが出てきました。
いい感じ。

さて、執筆はただいま第5話が終わったところ。
この時点で予定より1話増えている…。
なんだろ?
思ったより文章増えたっていうか、切れのいいところを見誤ってたというか。

でも今のところ1話3000~4000文字程度なので、容量は重たくはないと思う。
話は一英編より重めに思えるかもしれないけど、たぶん気のせいです。気のせい。
雰囲気です。雰囲気。

投稿予定も年末なんでね、軽めの文字数でサラっと読んでもらえたらいいなと、今のところは思ったりしています。
とか言って、推敲あと二巡くらいしたら、文字数増えてるかもしれないけど。

おやすみなさい。

(潮)本日は晴天なり

「葛飾、最後のピース」メモ
11 /24 2015
一巡目の執筆作業、3話まで終わったとこです。
今日は4話まで終わるといいな。

いやぁ、今年は本当にあったかいですね。
寒さを味方につけて書きたかったのに、残念だわ。

窓辺でぽかぽかどころか、日差しが暑すぎてカーテン閉めてますわ。
来月は寒くなるかな?
息が白くなるかな?
( ノД`)

(潮)ゆうべ野球の日韓戦見てたら、不意にジョイマンのネタ思い出した

「葛飾、最後のピース」メモ
11 /20 2015
2、3本、イビョンホン!

まぁそれはどうでもいいんだけど。
なんだかんだで、まだ第2話までしか書き終わってないなぁ。
今のところ、全24話の予定です。
書くペースあげたいんだけど、なんだか調子がつかめないでいます。
つかめなくても続けるしかなです。

で、小説家になろうを覗いたら、朗読企画みたいのをやっていて。
これ毎月やってるのかな?
小説のワンシーンを声優さんが読んでくれるんだって。
まだ募集してたから、ちょちょっと応募してきました。
応募方法は作品キーワードに応募用のワードを入れるだけ。
なんだか、とても簡単。

自分の作品が読まれるか、そこに期待はしてないです。
私がちょっと期待したのは、きっとそのワードで検索する人もいるだろうから、そうした方の目に留まって読んでもらえればなぁというもの。
小説ってこちらから読ませることってできないから。
読んでもらうしかないんだよな~。
だから読んでくれた人がいるってホントすごいこと。

読んでくれたからって楽しんでもらえたとも限らないしね。
再生相性もあるしね。

(潮)間に合え!

「葛飾、最後のピース」メモ
11 /13 2015
この日に連載開始できたらいいなって目標にしてる日にちがあって、そこから逆算してみたら一日に一話完成させないと達成できないことが判明してしまい、オドオドしている、そんな深夜。

でっきるっかな?
でっきるっかな?
はてさてホホー!

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人