創作と占星術の関係 - さかえのよ
FC2ブログ

(潮)8ハウス的作品傾向

創作と占星術の関係
07 /11 2018
また星占いネタ。すまん。
最近はまっとる。

私、潮八の出生ホロは、8ハウスに土星がある。
実はよくわかってないのに説明するが、どうやらこの土星とやらは「どうしても苦手意識を持ってしまうが、克服すべき人生の課題」というものを表しているらしい。
土星が8ハウスにあるということは、8ハウス的なことが私の課題ということだ。

8ハウスは「共有のハウス」と言われているそうな。
他者と一体化して共有することや、もの。
自分の力ではどうにもならないことや、もの。
キーワードとしては、生と死・遺産・セックス・もらう・継承などがある。
キーワードだけ並べてみても、ぱっと見はあんまり共通項が感じられない。
けど、根っこには「共有」があるよね。なんとなく。
まぁこの辺は私が説明するより、調べてもらったほうが早いから説明しない。

ほんで、8ハウス調べてるうちに笑えてきたのが、自分から出てくる作品傾向が見事に8ハウス的なものだったということ。
不思議だなーって思うのさ。
無意識に、課題に取り組んでるんかなーって。
脚本術でなんだかんだ色んなこと考えてはきたけど、結局はこれがテーマなんだと思うよ。私の作品の。
テーマはなんのことはない、単なる8ハウスだよ(笑)

まぁナイチンは私以外の力がたくさんこもってるし、お題系のやつも純粋に自分の中から出たものじゃないので一応は除外するけど、他の作品がとにかく顕著よ。
面白いからメモっとく。



『ひとりぼっちの人魚』
『約束の展開』
『少年と男』

この辺はさ、もう「生と死」でしかなくて、我ながら草だわ。
ひとりぼっちの人魚は、大切な人の突然の死と、ひとり生き残った自分という苦しみを克服して、どっか旅立っていく話だし。
約束の展開は、死に際のことしか考えてないし。
少年と男は、メンタル的に死んでたやつが自分の中での統合果たして再生し、これまたどっか旅立っていく話だし。



『葛飾、最後のピース』

この作品では、一英とジャスティーに同じ経験、思いを共有させた。
同じようにその辛い思いを共有してる人がいるよって、一英に知らせたかったから。
ほんで、共有してる人がいるから大丈夫だよとか、一人じゃないから救われるよねとか、そういうこと伝えたかった。
書いてる時はそんなこと明確に認識はしてなかったから色々失敗してるけど、8ハウスについて勉強してて、あー自分の書きたかったものの根底はここにあったんだってやっとわかった。
とても分かりやすい説明をしてくれてたブログ見つけたので、ちょっと要点をメモさせていただく。(こちらのブログ様から)

・第8室は何もかもを共有することになる
・相手が喜びを感じたら、自分も共鳴
・相手が悲しみを感じたら、自分も共感
・悲しみを取り除こうとするのではなく、その悲しみを抱えるとどんな感じがするのか理解して、見守る
・独りで美味しいもの食べて「美味しい」と感じるより、2人で同じものを食べて美味しさを感じるほうが感動が広がる。独りで悲しみを感じるより、その悲しみを理解してくれる人が側にいたら、静かな気持ちで悲しみを受け止められる。2人で共感することによって、独りでは感じられない深い感動がそこにある

これな。
この作品のテーマを一言でいえば、「共有すると楽になる」だったのかもしれないね。
ジャスティー編でも、一英に苦しみを受け止めてもらえる(共有してもらえる)ことがジャスティーの心を楽にした、ってことを書いてるんだと思うよ、潮八って人は。



『私のあなた、あなたの渡し』

ほんで、今手掛けてるこの作品よ。
「生と死」はバッチリ入ってる。
仇討ちだなんだ言ってるし、不老不死なんて要素も出てくるし。
そして「共有(共感)」の要素もすごく出てくる。
バルバオーロ殺すべしっていう気持ちを、タットとカンクが共有してるし、それが二人をつなぐ絆でもあるし。
また、先ほどのブログ様が説明しているように、「その悲しみを抱えるとどんな感じがするのか理解」っていうのが、この作品のメインどころでもあるかもしれないと、今思っている。
ちょっとね、まだ書き終わった作品じゃないから、自分でもふわーっとしてるんだけどさ。
この記事で図らずもしっかりハッキリ言っているように、同化しなきゃ分かるわけないだろということ。
とにかく、タットに「共感」というものをさせたいと思っている。





そんなわけなので、8ハウス的なの読みたい人寄っといで!

(潮)星占い

創作と占星術の関係
04 /13 2018
このようなブログに出会いました。
とても参考になったので、ご紹介します。

「創作活動のための星占いブログ ホシカン」
http://hoshican.jp/

ちなみに私、潮八は月星座が双子座。
月星座とは、「心が求めているもの」だそうな。
月星座双子座の人の作風が説明されている記事をみると、なるほどと思います。
自分の作風って客観視できなかったりするけど、確かにここに書かれてる通りのことしがちというか。
それが作風ってことなのかぁって。
確かにそうするのが好きだし、そうしてると満足するもんな。
要約すると…

月が双子座の人は、とにかくおしゃべりな作風。
情報がわんこそばのように一口ずつ入れられ続け、最終的にはすさまじい量の情報を読者は食べさせられる。


だそうです。
でね、自分的にも、そんなに情報を食わせたらダメなんじゃないかなとか、こんなにいっぱい一つの作品に盛り込めるかなって、不安になるんです。ホントに。なんとかして削らなきゃダメなんじゃないかって。
でもね、このブログは大丈夫だよって言ってくれてた。

月が双子座の創作家さんは、「こんなに詰め込んだら、うまくまとめられないかも」と心配しすぎず、あれもこれもと情報を吐き切る勢いで創作してみると、精神的に安定する。
小説とかなら書き上げてからでも情報整理できるから、とりあえずなんでもいいからかいちゃえ。


だそうな。
よし。書く。
ってか、自然と、吐き出してから整理するという手法にはなってるなぁ。

ほんで、私の太陽星座は天秤座なわけですが。
太陽星座とは「人生を創造するためのエネルギー」だそうで。
プロとしてやっていきたい人などは、この太陽星座のエネルギーを存分に発揮できるテーマを選ぶことが重要だそうです。
正直いろいろ読んでみたけど、天秤座を存分に発揮できるテーマって、なんなのかはっきりとはイメージわかなかった。
なので参考までに、月星座が天秤座の人の作風について読んでみました。
そしたら今の自分が、やろうとして頑張ってることが書いてあった。
要約するよ。

たくさんの登場人物を扱う。
いろいろな人の人生が絡み合い、それぞれの物語が重なりあい、ひとつの像を結んで、最後は各々の道に戻っていく。
なにもかもがすっきりと片付いたあとの清々しさ。
しかし同時に、別離の寂しさをほんのりと感じる。


おぉ。
そんなの書きたいと思って頑張っている。
方向性は間違ってないという確認ができて、嬉しいよ。

以下は、妹のこと。
妹、斑丸は、月が水瓶座で、太陽が蟹座。
太陽星座については、やっぱりよくわからないので、自分のことでもないし実感得られないだろうからここでは割愛。
水瓶座の作風を要約します。

何かが過大誇張されることも、意図的に排除されることもない傾向。
それゆえの見通しのよさ、透明感が魅力。
受け手に対する押しつけがましさがない。
人道的なものを扱うことが多い。
優しい、きれい、と感じる作品がある一方、胸がザワザワするような作品もある。
それは、水瓶座が受け手に新しい風を送り、常識や価値観を揺るがす性質を持つため。


「命と戦った女 ナイチンゲール」は妹の労力がたくさん詰まった作品なので、私たちの作品の中では、きっと一番水瓶座的作風だと思います。
過大誇張も、意図的排除もしない。
これ解るわー。ナイチンの時、そうだったと思う。
私がナイチンゲールを誇張されたキャラにしようとしたけど、妹に却下された(笑)。
妹はなるべく、ありのままに伝えようとしてたと思う。
そして多分きっと、ナイチンゲールという人物像に関して、一般的に抱かれている常識や認識を揺るがしたと思う。うんうん。

私と妹の月星座の共通点は、どちらも風星座ということ。
月が風星座の人の、物語の落としどころの傾向としては。

他者との交流の果てに、なにかを得たり失ったりする結末。
主人公が死ぬこともある。


だそうです。
つまり、ぐろわ作品のオチは、たいがいそうなるということで確定ですナ。

オマケに書くと、うちの夫は月星座が魚座。
魚座は水星座。
水星座作品の落としどころ傾向は。

他者との心のつながりを得る、あるいは守り抜く結末。
主人公が死ぬこともある。


だそうな。
これ見て思ったのは、夫は創作をしないけど、好きな作品の傾向はまさにそういうモノだなぁって。
君の名は。とか、そんなお話だったじゃないですか。
あの映画、好きだからねあの人。
でも新海監督本人は、水星座関係なさそうだけどね。
野田洋次郎さんの太陽が蟹座だからかもね。
蟹座も水星座だそうだす。

私は太陽も月も風星座なので、風星座の読者さんにはなんとなく喜んで頂ける気が。
妹は月が風だけど太陽が水星座なので、もし妹がテーマを発案して蟹座的なものを書いたとしたら、水星座の読者さんに喜んで頂けるのではないかと。

記事が長すぎるのは、私の月がおしゃべりな双子座だからです。

(潮)木星逆行期間だとさ

創作と占星術の関係
03 /12 2018
前回の記事の後、やたらやる気がみなぎってきて、プロット作りに励んでます。
なんなの、このやる気。
そう思ってたら、「木星逆行」という言葉に出会いました。

木星逆行。
ホロスコープとか無縁な人には、なんのこっちゃだろうけど。
私もなんのこっちゃでしたけど。

超簡単に言うと、太陽系の天体は、地球から見た位置関係として、順行と逆行を繰り返しているそうな。
ほんで、2018年3月9日までの、3か月間だったかな?
とにかく、ついこないだまでは、すべての天体が順行するというミラクル期間だったそうですよ。
すべてが順行ってレアらしく、この期間は誰にとっても、思いのままに生きられる、邪魔が入らない、みたいなノリノリの期間だったとかなんとか。

で、2018年3月10日から、木星が逆行し始めたんだそうです。
順行期間の終わり。
木星が逆行すると、なんだか色々と物事が停滞するそうな。
個人レベルでも、社会的なレベルでも、見直し期間になるそうな。

ほほう?
それホント?
なんか自分の感覚としては逆なんだけど。
むしろ3月9日あたりまでは、別の事してダラダラしちゃってたし、まったく進んだ感じないぜ。
確かに邪魔は入らなかったけど、自らのやる気が停滞してたもんな。
なのに、3月10日あたりからむやみにやる気出てきて、激しく小説に向き合い始めてますけど。

あんま解せねーなとか思ってたら、私自身が「木星逆行期間に生まれた」ということがわかり。
なんなら木星逆行期間中のほうが、生きやすく感じる、と出ました。

だからか?
だから10日あたりからやる気出てんのか?
変にやる気出てきて楽しいのよね。

言われてみれば、このやる気もなー。
プロット作成へのやる気っていうより、プロット見直し作業へのやる気っていうほうが正しいのかなー。

まぁとにかく、このやる気が木星逆行のおかげかどうかよくわかってませんが、木星逆行は7月中頃まで続くらしいので、バリバリ小説作業をやれたらいいなと思っております。
でもね、木星逆行期間生まれの人は、見直し、やり直し、問いかけまくり、で物事に時間かかるタイプらしいよ。

いい加減にしろよ、我!
なっはっは!


ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人