2013年06月 - さかえのよ

(潮)視点を360度変えてみよう

「葛飾、最後のピース」日記
06 /23 2013
いやぁ。
プロット完成できたって、嘘だね、あれ。
詳細を詰める前に、プロットを超簡素にした「これとあれが、あーなって、こーなって、こうなります」というものを作るんだけど。

主人公(これ)と敵対側(あれ)の、敵対側(あれ)が誰にあたるのかずいぶんと迷走していました。
キャラが入れかわり立ちかわりし、敵になってはみるものの、必ずどこかでつまずく。
敵対するキャラが変われば、重要に展開するシーンが変わってくる。
どれが自分の思い描いているものを満たすキャラ配置なのか、試しながら色々やってました。
でもやっぱ、どれも上手くいかない。

なんなんだよ、主人公は一体誰と戦えばいいんだよ!

そこでふと行き着いた考えが、今私が参考にしている教科書の図式では、私の書こうと思ってるものは当てはまらないんじゃないか?ということでした。
当てはまらないというほどスゴイものを作ってるつもりはないので、むしろよくあるパターンだとも思うので、単に私に当てはめる器量がなかっただけというオチなんでしょうけども…。
教科書通りに当てはめようとすると、どうしても満たせない条件(教科書に書いてある)とかが出てくるんで。
その条件を埋めるのがどう頑張っても難しかったんで。
自分なりにアレンジし、その条件を外して考えてみることにしました。
教科書にも確か「これがすべてじゃないから、あくまでこれは参考とし、好きにアレンジしてね」って書いてあったような気がします。(気が)

不要そうな条件を外してみたら……あれあれ?
敵対側のキャラが、誰か別のキャラではなくなった?
主人公本人、てことになりやがった?

思えば、これって初めから自分で思い描いていた図式じゃねぇのかい……?
でもそれが上手くいかない原因のような気がして、どこかに敵を探し始めたんじゃねぇのかい……?

ヒッチハイクで一人旅をすると人生観が180度変わるよ、なんて言うけれど。
あたしゃトボトボと徒歩で一人旅をして、小説の世界観が360度回って、同じ位置に戻ってきました。

これぞ、3歩進んで2歩下がる状態。
初めのでよかったんだと気づいただけ、1歩進んでると思いたい!
スポンサーサイト

(潮)やっぱりね

「葛飾、最後のピース」日記
06 /22 2013
プロット完成したので、シナリオ化させているところだが…。
その過程で、完成と思われたプロットの細部が変わってきた。

起承転結で言うなら、「この段落までが起」だと思っていたところがもっと先までのび、「こっちの段落までが起」だったねとなっている感じ。
ストーリーの段階を分類するのが、まだ慣れていないんだな。
段階がうまく自分で理解できれば、かなり楽に作業が進むんだろうね。

ストーリーの段階が解ってれば、そのシーンの目的がわかるから、ここでやっていいことと、まだやってはいけないことが自然と解るんだろうなぁ。
それが解んなかったから、本当はもっと先でやるべき会話とかが前にきてたりして、まとまらなかったんだろうね。

実際、段階の移動があったあたりでは、なくなったセリフとか、言う人物が変わったセリフとかある。
このシーンで主人公がこうなるためにはどういう会話をさせたらいいか、って考えていくと、自然と言わせるべきキャラが決まるんだね。不思議。

今までは言ってはいけないキャラが言ってたから、主人公がくすぶってたんじゃないかな。
くすぶってるから話が自然には進まないし、自然に進まないからぐだってたみたい。

勉強になりますなぁ。

(潮)なんとかなったぞ

「葛飾、最後のピース」日記
06 /15 2013
完全に自分か妹に向けてしか書いていない執筆メモを、また。

たったいま、本編のプロットが最後までいったよ。
つまずきの原因とか解って、それを記事にしたんだけど、アップしようとしたらエラーして投稿できんかった。
悔しくなったから、まったく別のことを書いてアップしようとしたら、またエラーしてフンガーってなったよ。
うちのワイヤレスなんとかが調子悪いんだぜ。
電波が切れ切れなんだぜ。
でもブログ記事のバックアップとらない私だぜ。
これももしかしたらエラーするかもしれんけど、もうヤケクソだぜ。

まぁいいや、アップできないってことは、知らせる必要もなかったってことだろう。

そんで、できあがったプロットなんだけど。
これでうまくいけてんだろうか。
あっけなくできてしまって、疑っているよ。
なんか見た目、スムーズにまとまった感じがしてるんだけど…。
ホントかなぁ~?

まぁとりあえず、次段階として、簡単なシナリオ形式にします。
それができたら妹に送ってみます。
妹からのアイデアやダメ出しがきっとあったりして、それをクリアしたら執筆に入るのだ。

本編は夏の話だから、今夏に完成すると嬉しいね!
夏に嫌われてたオイラたちだけど、今年こそは夏を味方につけて…!
ちなみに後日談は冬が舞台でござる。



(潮)わかんなくなってきたぞ!

「葛飾、最後のピース」日記
06 /11 2013
あれ?
プロット作り、どこから攻めても同じところでつまずくぞ?
なんぞこれ。

なんでなんで?
なにがいけないの?

途中まではすこぶるいい感じに進んできたじゃんか。
なーぜー、とーまーるー!!

いや、まてまて。
もうちょっと簡素に考えるんだ、簡素に!

もう一回教科書よく読もう(ーー;

(潮)わかってきたぞ

「葛飾、最後のピース」日記
06 /10 2013
本編プロット作りのメモだす。

今までプロットがまとまらず混乱していたのは、主人公にとってふたつの筋道がバラバラに進行していたからのようだ。
ひとつは物質面での筋、もうひとつは精神面での筋。
私が作ったのは、精神面での筋。
妹が作ってくれたのが、物質面での筋になると思う。
これらがちゃんとかみ合った状態にできれば、まとまってくるんじゃないかな。
たとえば筋をひとつずつに分けてふたつの小説を書くこともできる。そっちのほうが作業としては簡単かもしれない。でもそれをするよりは、二つを融合させて書きたいよね、やっぱし。
それが「ぐろわ」になるんだと思うし。

二つの筋は、一つずつで見れば流れに無理があるわけではないこともわかってきた。
問題は二つの筋の絡み具合がおかしいってことだ。
お互いの筋の起承転結をちゃんとリンクさせて、絡ませていけば無理やり感もなくなってくるはず。

そして、私自身の勘違いもいくつか露呈してきた。
誰が敵で誰が味方なのかを、私はちょっと間違えて作ろうとしていた。
敵役がちゃんといたのに、敵としての役割をさせないままフェイドアウトさせようとしていた。
初めのほうで敵っぽいやつがいて、そいつが途中から味方に転じる。
そこらへんのバトンタッチ(主人公の気持ちの切り替わり)をきちんとクリアしていけば、いいんじゃねぇでしょうか。

たぶん、キャラ減ると思う。
後のせした奴らが減ると思う。

どうかなぁ、上手くいくかなぁ。
でも問題点浮き彫りにしてクリアしていく、って作業、あたしゃ嫌いじゃないんだぜ…♪
でけたときの爽快感がたまんないんだよね。

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。