2013年08月23日 - さかえのよ

(潮)案外難しい

「葛飾、最後のピース」日記
08 /23 2013
先日妹に送った本編と、今私がまとめてる後日談。
このふたつは主役が別人でそれぞれの目線で話が進むのだが、初めは後日談も本編と同じ人の目線で書こうとしてた。
プロットもないのにいきなり小説書き始めてたその頃に書いたものを使いまわそうとして、いまその難しさにへこんでる。

会話だけは使いまわせても、地の文って使いまわせないんだなぁ…。
目線が違えば書くこと違うんだなぁ…。
って、当たり前のことにヒーヒー言ってる。
会話さえ使いまわすと変なところあったりもする。
行っちゃう方向が変わるんだな。
目線によって。
ほんと当然だけど。

愛着湧いてたシーンだから、没るのがもったいないんだよねぇ。
バイオレンス男子がどうのって言ってた、あのシーンなんだよねぇ。
でも諦めて、ゼロから書いたほうが簡単なのかもしれない。
プロットは結構うまくまとまってるのに、使いまわし作業してたら迷走してきたもん。
目線が別人だった残り香がぷんぷんしちゃって、おかしなことになってるもん。
あぁぁ、でもなぁ、ブツブツ。
だから漫然と書き始めるのは危ないんだよね。
バッサリ没れる人ってうらまやしい。

うー、でも、やっぱ没にする!
ゼロからそのシーン書くことにする!
後日談はこっちの子の話だから、こっちの子を大事にして書くことにする!

違和感のないほうが、ぜったいに合ってんだから。


ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人