2013年09月 - さかえのよ

(潮)最初から迷路だった

「葛飾、最後のピース」日記
09 /17 2013
本編を妹に読んでもらって、二人が同じように認識する問題点が浮き彫りになって。
その問題点のせいで話がまとまらないのだと、やっとわかって。(やっと認めて、が正しいかも)
話をまとめるための案が出て、その通りに進んでみると。
解ってはいたけど、要らなくなる設定が出てきた。

その設定はもともと、かなりの初期段階で話をまとめようとして後付した設定で。
ここへきてまとめるためにはそれが「要らない」という皮肉。
何周もして、やっと、数年前の初期案に戻ってきたような心もち。
というより、事実そうだと思う。

どうしても付けたかった装飾品設定があって、それはお題でもあったからどうしてもどこかにはつけなきゃならなくて。
でもどうせつけるならと、ゴテゴテにつけすぎたのかなと思う。
装飾品のための展開になってた。
自覚はしてたけど。
やっぱそれが、足枷になってたんだなぁと思う。
装飾品をつける前に、ちゃんとした土台があればまた違ったんだろうけど。
急ぎすぎた結果、いつのまにか目的をはき違えた感じ。

その装飾品を外すことを前提に練り直してみると。
すごくシンプルになってきた。
このシンプルさのまま、原型プロットを最後まで作れたら。
きっとちゃんとまとまる気がします。

こんなにも時間かけて遠回りして、なんでこんな自分はバカなんだろうって、以前なら思ってた気がする。
向いてないとか、才能ないとか。
でも最近は、なんか違う。
それぞれの作品には完成すべき時期があって、こういう遠回りはそのための時間調整なんじゃないかなって、思えるようになってきた。
もちろん時間調整だけじゃなくて、自分の精神的スキルアップの時間でもあると思うし。

以前から、似たようなことを思うようにはしてきた。
でも「してきた」なんだ。
頑張ってそう思ってた。そう思えば、自分を責める気持ちを慰められるような気がして。
理想を語ってただけ。そうだったらいいなって。

今は、理想とかなじゃくて、けっこう本気でそう思ってきてると思う。
なんか色んなこと、楽になってきてる。
自分を責めるの、もう飽きたんだと思う。
人を責めるのも。

自分を責める割合と、人を責める割合って、同等なんだろうなやっぱし。
責める。
なんでこんなつまんないことに、人類は時間を費やしてきたんだろう。
つまんなくなかったんだろうな、きっと。

まぁ、とにもかくにも。
向いてなかろうが才能なかろうが、やりたいことはやればいいんだなって思う。
自分を責めると、やりたかったことでもやりたくなくなるから、何が本当にやりたいことなのか解らなくなるけど。
責めさえしなければ、才能や適性なんてものになんの疑問も持たず、やりたいことを自然とやり続けるのが人間なんだと思う。
疑問がないって最強。

スポンサーサイト

(潮)返事きた

「葛飾、最後のピース」日記
09 /11 2013
妹が長らくの沈黙を破り、お返事ばくれました。
もらった率直な感想は、私も感じていた「つまらない点」を指摘してくれました。
そしてその点をなんとかするためのアイデアを出してくれたんですが、そこに素晴らしく神が下りていました。

神が妹に降りたのか、妹が神だったのか。
どっちでもいい。
私にとっては、イェーイ以外の何物でもない。

だから今、大幅に設定からいじっている最中です。

完成するかどうかが大事なんじゃないの。
完成までになにが起きるかが大事なの。
それが私のご褒美になるの。

だって完成は初めからもうしてるでしょ。
完成してるのを知ってるから、妹と私はひらめいて、書いてくの。
ゼロから作ってるんじゃないよ。
未来には完成してるそれを今ここに再現するべく、あの手この手を尽くしてるだけなの。


(潮)脳内で妄想ヘビロテ中

「葛飾、最後のピース」日記
09 /05 2013
ヒントが欲しいと願うと、現れるんだよ。
現れたけど、そのヒントがびみょーにずれてんだよ。
でもいい。

そのおかげで、現在モーレツに、「空と君のあいだに」を歌ってほしい方がいる。
ピアノかなんかでカバーしてくんないかな!
私の脳内ではもうカバーしたことになってますが!

絢香さんがカバーした同曲聞きながら、脳内ではその方に歌ってもらってます。
絢香さんも好きなんだが、こんな聞き方しててごめんだよ。
でもこれ聞いて心情同化しながら、小説頑張ろうと思います。

(潮)地味に怖い

「葛飾、最後のピース」日記
09 /02 2013
妹にファイルを送ったその後、何の反応もない。ヒーである。
忙しくて目が通せてない可能性が大だが、手直しする部分が多すぎて「ウォリャー!」状態に突入しているのだとしたら、ホントにどうしましょう。
沈黙に緊張するぜ…!

で、私はというと、先日満を持して携帯からアイホンに変わりまして。
無料ゲームアプリなるものにソッコードボンしまして。
小説を投げ出して、ゲームに日夜興じておりました。
そして一週間。
目玉が本気でダメになり、このままでは人格までダメになると思い、昨夜、ゲームアプリを全部削除してやった次第です。

育成系のゲームが好きなんですけど、無料のは経過が遅くて、課金なしの私ではやりこめないでつまらんかったです。
長期間やりたいんじゃないんです。
短期間に長時間やりたいだけなんです。
そういう派の私には向いてませんでした。
あーあ、もっとがっつりやりたかったな。
寝なかった割には達成感がなく、人格破綻しそうになりました(笑)

まぁいいや。そんでゲームやめて、今はまた小説に向かい合ってるわけであります。

今、後日談書いてて思うのは、本編より書きやすいということです。
なんでだろうと考えてみると、たぶん、話の主人公が変わってるからだと思います。
後日談の主人公のほうが、私にとって書きやすいんだな。
どういう人かっていうのも、けっこう出来上がってるんだと思う。
それにくらべて、本編の主人公。
いまだによく解んない。
書ききれてるだろうかなんて悩みレベルじゃなく、こいつこれでいいんだろうかっていう思いがじっとりと残るレベル。
本編が右往左往してんのは、こいつの悩みを心底から掴みきれてないという理由に尽きる。

結局、作り直した本編プロットも、どこがどんだけ変化したんだよってツッコミたくなる状態だと思う。
あんまり変わってないかもしれん。
もう忘れた。あれから読み直してないし、どうなってるのかもう忘れた。
この際、妹に神がおりればいいのに。

最近ちょっとわかってきたこと。
私の場合だけど。
主人公の「悩み」先行で書きたくなるとき、割とストーリー展開が何とかなる。
でも主人公の「やるべき展開」先行で書きたくなるとき、主人公の抱くべき悩み事が思いつかず、難産となる。

今回、本編と後日談書いてみて、なんとなくそう気づいた。

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。