2015年10月 - さかえのよ

(潮)使われる筋肉

「葛飾、最後のピース」日記
10 /15 2015
先日、近所で太鼓コンサートなるものがあり。
太鼓のお兄さん方がウロウロしていた。
私が見たのは、20代後半から30代くらいの方だったか。
なんかもう、「今が旬!」みたいな体つき。
長身だし、スーツアクターかよ?って思うくらいのヒーローっぽい筋肉感。
それを見ていて、

やっぱり日々使われている筋肉には無駄がないわなー。

貴族より農民の方が美しい体を持っていると言ったのは誰だったっけか?

力仕事かぁ。
あ!
そういや、一英もデスクワークからプレス職人になったんだっけな。
ジャスティー編ではその辺も加味して、筋肉がついたことも描写しておかなきゃ。

そういやあいつ(一英)、一英編で筋肉痛になったことあったなぁ。

わ、やべ!
あの筋肉痛、翌日には何の描写もしなかった気がする!
もうちょっとガタピシしてるところ、書いておくべきだった!

うーむ、我ながらツメが甘いよな。
想像力が足りなかったよね。
気づくの遅。

まぁいいや。
ジャスティー編をUPする時にでも、こっそり筋肉痛描写を加えておこう。


という結論に至りました。
そんなわけで、賢いオイラは忘れないようにここにメモを残すのだった。

(潮)再び作業を始めたぞ

「葛飾、最後のピース」日記
10 /09 2015
カツピーを連載始めたころ、これを機にこのブログには小説関連以外の話題は書かないこととする、とかって妹に宣言した気がする。
すっかり忘れてアバターとか載せてた。
というわけで、それらの記事はさくっと消しまして^^
執筆現状報告。

一昨日あたりからまた書く気が湧いてきて、PCに向かう時間が増えた。
プロットはできてるのになんで書く気が起きないのかなぁと思ってたけど、
「あ! このネタ入れたい!」
と思いついたときに、またやる気が出始めた。
単に、飽きやすいのかもしれないな。
プロットできてしばらく経ってたから、自分の中ではもう書き終わったような感覚があったのかも。

今はそのネタを温めつつ、プロットを一話ずつに切り分けているところ。
どこに挟もうかな、このネタ。
そして誰にやらせようかな。
そうやって考えながらやってることに楽しみを覚えている。

年末に間に合えばいいのだが。


ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人