2016年02月09日 - さかえのよ

(潮)梅が咲いた

◆雑記
02 /09 2016
小説のプロットなんか書いてられっかよ。
だって梅が咲き始めた。
今年もひとり静かに浮かれている。
これは数年前に撮った梅。
冬の青と春の白がきれいだ。

ume

近所の梅たちは、この写真よりまだもう少し花は少ないかな。
たぶん数日後には近所でもこんな感じになるだろう。
梅はけっこう多くの家で植えられていて、私は毎朝選んでその道をゆく。
梅縛りでゆく。

あー、梅、最高だ。
いい匂いすぎて倒れそうだ。

冬は寒くて嫌だけど、その最後に梅を咲かすから好きだ。
梅が終わったら桜だ。
でも桜ほどみんなが狂喜乱舞しないところが、梅のいいところだ。
静かにひっそりと咲き、なのに香りだけはずいぶんと立派に漂わす。
梅が一年中咲いていればいいのにと思う。
でもまた来年って思えるから散ってもいいよ。

あー、今年も春が来る。
梅が咲くといつもそう思う。
そうすると、冬はまたあっという間に終わっていく。

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人