2016年10月18日 - さかえのよ

(潮)テーマについて2

「私のあなた、あなたの渡し」日記
10 /18 2016
前回の記事の続きになります。
ホント、プロットがどうこうっていうより、私はずっとテーマでつまづいてることが、ブログを読み返すと解ります。
描きたいテーマが見つからないのではなく、描きたい中のどれをテーマって認識すればいいのかが解らないという。
教科書に書いてある「テーマ」って、いったいどれを指してるの?っていう。
基本がなってない。

*****

さて。
テーマが「容赦」だと気づいてみたところ、ボツにしたはずのパルタンでの宗教対立が挿入可能だという事が解りました。
容赦…過ちや罪を許す行為
これをテーマにすると、なんと登場人物全員の事情(過去)をストーリーに絡ませられることが判明。
(判明、とか言いきっちゃってダイジョウブか、不安だけど!)

割り振りはこうなるんじゃないかなと思う。

◆テーマ…「容赦」

◇グループ1…「恨み」関連
タット
カンク
ゴビ
エマ

◇グループ2…「誤解」関連
マリア
パルタン
スカーレット
ドルク

◇グループ3…「裏切り」関連
BB
ハイラー
バカ3人組

グループが3つに分かれるわけだけど、それぞれの人物が、所属するグループに関連した問題を抱えているなかで、テーマである「容赦」ができるのか、できないのか、するのか、しないのかを描きたいと思っています。

うん。これだ。
何年かかけて、やっとスッキリしてきたぞ^^

んで、ほかにも解ってきたこと。
ストーリー展開の重要部分においては、別グループのやつらを無暗に絡ませないほうが、より作品がスッキリする予感。
たとえば、「恨み」要素が展開中の時に「誤解」グループのやつが出てきて「恨み」についての重要発言をする、なんてことはしないほうが良いだろうということ。
別グループのやつらがどうしても絡んでこようとする時は、「容赦」関連の言動でないと統一感がなくなるのではないか?
などと、今現在は予想しています。
でもこれは、違うかもしれないんで、今後自分なりに確認していきたいです。

なぜこう思ったかというと、試しにパルタンでマリアに発言させてみたら、今までにないまとまり感を得たからです。
今までは、パルタンで重要発言をするのは、タットかカンクという設定でした。
でもそれって、「誤解」の辛さをわかってないやつが、外部からなんやかんやチョッカイ出してるだけのような、なんとも「うるせーなコイツ」っていう感が否めなかった。
言ってることは正しいかもしれないけど、お前なんかムカつく。っていう。
今回、3グループに分かれると解ったことで、じゃあマリアに言わせてみるか…ってやらせてみたら、あれ、案外イイじゃない♪
この「案外イイじゃない」があったもんで、もしかしたら、グループごとの役割ってあるのかもと思いました。

あと、以前に書いた、「誤解」で動いてるキャラとはマリアのことでした。
マリアだけは性格上、誤解を恨みに変えることもできたんで、無理やり挿入できてた。
でもそれをしなくてよくなったので、以前よりはまとまってきたな。って感じ。

テーマが「容赦」なので、ストーリーの中で登場人物たちは、「ゆるす」「ゆるさない」的なことを頻繁に口にするようになると思います。
いま思いつく、バリエーション。

●ゆるす
●ゆるさない
●ゆるせる
●ゆるせない
●ゆるされる
●ゆるされない
●ゆるされたい
●ゆるされたくない
●ゆるしたい
●ゆるしたくない
●ゆるせそう
●ゆるせなそう

とまぁ、こんなバリエーションのどれかを登場人物はそれぞれ抱えていると、いう設定になるです。



…うまくいくかな?


ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人