2016年11月24日 - さかえのよ

(潮)手書きでやりたい

「私のあなた、あなたの渡し」日記
11 /24 2016
ただいまBGMはルパン三世。
なんでルパン選んだのかは、よく解んないけど。
やたらタイピングがリズミカルになるのだけは確か。



さてと、シナリオ作成の現状報告。
いま、割と困ってるよ。停滞している。
理由はふたつ。

ひとつは、マリアのイジワル口調をとんでもなく忘れてしまったから。
読み直せば、あぁ確かにこうやってしゃべってたって解るんだけど、いざ新しいセリフを書こうとすると、なんだか書けない。
なーんか変。
おかしいな、前は書けてたのにな。
しょうがないから、イメージの湧く写真やら声やらをあさりなおして、自分の中のキャラ作りをしたりしてる。
キャラ作りしながら、マリアはほとんど妹がセリフ直してくれてたっけと、今更思い出す。
うーん。
想定以上の壁を感じる。
しかたないから、とりあえず、言わせたいセリフの内容を書きとめ、口調に関しては追々修正する所存。

ふたつめの理由は。
パソコンに向かうと、肩が凝りすぎてまったく集中できない。
今こうやって、ブログをつらつら書いてるくらいじゃ肩は凝らない。
なのに、シナリオ作業になるとすげー凝る。
きっと、考え中に頬杖つくのがいけないんだと思うの。
ブログ書くみたいに、ずっとキーボード打ってれば、背筋も伸びるしダイジョウブなの。
でもシナリオはスラスラ打てないから、どうしても頬杖しちゃう。

で、あんまり凝るから、おいらは対策を考えた。
パソコン作業をやめようという対策。

ここはいっちょアナログに、手書きでシナリオを書いていくことにした。
これなら、床にゴロゴロしながらだってできるぜ。
でも紙っつーのは、何度も書き直す手間がやっぱりつらいな。
消しゴムつらい。コピペもしたい。

だから、なんとか簡単に手書きで書けないかなーっていま、模索中。
やっぱり、プロット同様、ふせんを使うのが一番かな?
ふせんにセリフ書いていく。
ト書きもふせんで。
ペタペタ。
やってみるか。
ふせんか他の方法か、形が落ち着いたらシナリオ作業がもっと進むと思います。

あぁ、あと。
シナリオは極力簡単に書くなんて言ってましたけど、マリアの口調でつまづいたせいか、ちゃんと書きはじめちゃってます。
まぁのんびりやります。



ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人