2017年01月28日 - さかえのよ

(潮)ビートが見つけられない映画もある

雑感
01 /28 2017
とりあえず二本、映画のビート仕分けをしてみたわけだけど。
どうしても長くなりますなぁ。
できれば1記事に収めたいんだけど。
無理かなぁ。
ビート仕分け記事書くのにこんなに時間使ってていいのか?
っていう焦りが少しあるです。
もっと次々映画見たい。
でも次々見れない事情もある。
…まぁいいか、記事書く時間は、自分の中に落とし込む時間と考えよう。

***

何本か映画見てみて、なかには、ビートが変な映画もありました。
あのビートがないとか、順序良く進んでたのにまたこのビートに戻ってるとか。
そういうのは記事にはしないつもりです。
ビートが変って言っても、別に save the cat がすべてじゃないんだから、間違ってるとか言いたいわけじゃないです。
でも、違いはやっぱりありました。
不思議なことに、ビート通りに進んでいた映画のほうが、鑑賞後にスッキリ感があるのです。
ビート通りじゃなかった映画のほうは、なんだかなぁって思うことが多くて。
好きな人は好きだろうね、っていう感じです。
話として理解はできるけど、私は楽しくはなかったかなぁっていう。
感動するはずのストーリーでさえ、私にとってはそういう印象になりました。

けど、前回のミニミニ大作戦とか、次回書くつもりのダイハードとか、感動して泣くってほどの映画でもないのに、鑑賞後はスッキリスッキリ。
あー、映画見たなー、っていう満足感がありまして。
見ている間も飽きずにいられました。

まぁでもこれは、好き好きなんだろうな、ホントに。
あくまでもハリウッド式だし。
お国違えばビートも違うでしょうし。
私がハリウッド方式が好きなだけってことでしょう。

とかなんとか言いながら、私の書いた小説にはこのビートはまだないわけで。
「好きな人は好きだろうね」の領域なわけです。
わら。







ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人