2017年03月10日 - さかえのよ

(潮)映画「ヒックとドラゴン」のビート-1

ヒックとドラゴン
03 /10 2017
※映画のネタバレしてます。
※この記事にあるジャンルやビートは、私が「save the cat」という脚本術の本を参考に分けたものです。断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※ジャンルやビートの説明については、このブログでは特にいたしません。ご自身でご確認ください。
※ジャンル分け記事同様、ビート分け記事も個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。
※◇がビートです


*****

以前、ジャンルの練習で「ヒックとドラゴン2」を見ました。
今回はその前の話、1になります。
2を見た時は確か、1を見なかったせいか話の盛り上がりが欠けていると感じました。
ジャンルも判断に迷う感じだったと記憶してます。
今回の見た1のほうは、とても分かりやすかったです。




題: ヒックとドラゴン (原題: How to Train Your Dragon )
ジャンル: 相棒愛(ペット愛)
主人公: ヒック
主人公が倒すべき敵: 一番でっかいドラゴン


◆第1幕

◇OPイメージ
ヒックたち人間とドラゴンが対立し、戦闘している様子。


◇セットアップ
 @ヒックの住む村は、バイキング一族
 @村は定期的にドラゴンの群れに襲われ、飼育している羊を奪われる
 @村の人々はみな女性でも子供でも強く、ドラゴンとガンガン戦って追い払うことができる
 @そんな中、ヒックだけが非力でまともに戦うことができない、落ちこぼれ的な存在
 @戦闘要員になれないので、武器等の修理係として仕事をさせられている
 @しかしヒック自身は修理係に満足しておらず、ドラゴンを倒して功績をあげ、みんなに認めてもらい、みんなの仲間入りをしたいと思っている
 @ヒックの好きな女の子は、とても優れた戦闘要員



 @襲ってくるドラゴンは多種多様
 @バイキングの人々はみなドラゴンに詳しく、それぞれの特徴や弱点をおさえて戦うことができる
 @しかし一種類だけ、誰も姿を見たことがないドラゴンがいる
 @それはフューリーという種類
 @絶対食料を盗まないし、絶対姿を見せないし、絶対攻撃も外さないドラゴン
 @ドラゴンたちは夜に襲ってくるので、全身黒色のフューリーは夜空に紛れてまったく見えない



 @村がドラゴンとの戦闘でてんやわんやの中、ヒックは自作した投網用の大きな器具を持ち出し、フューリーを狙う
 @見事、仕留めることに成功したものの、フューリーは網に絡まったまま飛んで逃げて行ってしまう
 @仕留めたことに大喜びのヒックだが、別のドラゴンに襲われ逃げ惑う
 @悲鳴を上げて村を逃げ回るヒックに気づき、バイキングの族長が助けに入る
 @族長のおかげでヒックは助かるが、足手まといな行動をしたことでこっぴどく叱られる
 @族長はヒックの父親
 @フューリーを仕留めたんだとヒックが言っても、「まったくお騒がせ者めが」といった感じで誰も聞く耳持たない


◇テーマの提示
非力なくせに筋骨隆々の人々の真似をしてドラゴン退治をしようとするヒックに、族長や、子供たちの教育係的なオッサンがこんなことを言う。

族長「お前はドラゴン退治に向いていない」
教育係「要するに、向いてないのに無理して目指すなってことだ」
ヒック「…みんなの仲間になりたいんだよ…」


◇セットアップ続き
 @村の会議
 @このままドラゴンに襲われているわけにはいかないから、こちらからドラゴンの巣を探しに出かけようと族長
 @多少怖がって、渋る村の人々
 @族長が「一緒に来ない奴はヒックの子守だ」というと、みな「行きます、行きまーす!」と挙手



 @村の人々と同様、ヒックの扱いには困り果てている族長
 @バイキングそのものといった性質を持つ族長は、バイキングらしくないヒックをどう教育していいか分からない

族長「どうすればいいと思う?」
教育係「ほかの新米たちと一緒に訓練させろ」
族長「そんなことをしたら、すぐにドラゴンに食われてしまうよ。あいつは赤ちゃんの頃から、バイキングらしい教育がまったく効かないんだ」
教育係「だがヒックを止めることはできんぞ。望みナシかもしれんが、鍛えるしかない。いつまでも親が守ってやれるわけじゃないんだ。あの子は戦いたがっている」


◇きっかけ
 @ヒックは仕留めたはずのフューリーを探して森の中へ
 @こんな広い森で探せるわけもないと諦めかけた時、網に絡まって倒れているフューリーを発見
 @フューリーが死んでいると思い込み、これで自分も立派なバイキングだと喜ぶヒック
 @だがまだフューリーは生きていて、ヒックを威嚇
 @ビビるヒックだが、フューリーは網にぐるぐる巻きで身動きが取れず、体力も残っていない様子

◇悩みの時
 @眼だけをはっきりと開き、ヒックを凝視してくるフューリー
 @凝視にビビるものの、このままトドメをさしてみんなの仲間入りを果たすんだ、とナイフを振り上げるヒック
 @めっちゃ見てくるフューリー
 @だがヒックは自分を奮い立たせ、今一度ナイフを構える
 @フューリーは諦めたように目をつぶる
 @その様子に良心がいたむヒック


◇第1ターニングポイント
 @結局ヒックはナイフで網を切って、フューリーを自由にしてしまう
 @自由になったフューリーは怒り狂ってヒックに襲い掛かる
 @殺されるとビビるヒック
 @だがフューリーはヒックに危害を加えないまま、間近で激しい威嚇の咆哮をしただけでその場を飛び去る



 @帰宅したヒックは、族長からドラゴン退治を学ぶよう言われる

ヒック「ドラゴン退治はやめた。ドラゴンとは戦いたくない、僕にはドラゴンは殺せない」

 @だが族長は有無を言わさず訓練することを言い渡し、ドラゴンの巣を探すために出掛けてしまう




つづく


ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人