2017年03月12日 - さかえのよ

(潮)映画「ヒックとドラゴン」のビート-3

ヒックとドラゴン
03 /12 2017
※映画のネタバレしてます。
※この記事にあるジャンルやビートは、私が「save the cat」という脚本術の本を参考に分けたものです。断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※ジャンルやビートの説明については、このブログでは特にいたしません。ご自身でご確認ください。
※ジャンル分け記事同様、ビート分け記事も個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。
※◇がビートです


*****

◆第3幕

◇フィナーレ開始
 @ドラゴンの巣窟がある島へとやってきたバイキングの大軍
 @一方ヒックは、アスティー含めた村の若者たちと、訓練用に捕獲されていたドラゴンに乗りバイキングの後を追いかけることに
 @バイキングたちはドラゴンの巣窟に攻撃開始
 @いつも村を襲ってくる大量のドラゴンたちは逃げ出してしまい、最後に、主である巨大なドラゴンが巣から出てくる
 @主ドラゴンのあまりの巨大さに、大慌てのバイキングたち
 @族長はやっと、自分が愚かだったと認める
 @バイキングの攻撃はまったく効かない主ドラゴン
 @そこへ、ドラゴンに乗った若者たちが助けに入る



 @若者たちVS主ドラゴンの戦いになる
 @若者たちが戦っている間に、ヒックは族長の手助けもあってフューリーと合流
 @フューリーにまたがったヒックに、族長が声をかける

族長「すまなかった、色々と。お前が息子で誇りに思う」



 @主ドラゴンに苦戦する若者たちのもとに、フューリーとヒックが参戦
 @フューリーの大活躍で主ドラゴンの退治に成功
 @しかし、フューリーから落ちてしまい、空中に放り出されるヒック



 @地上では墜落したヒックを探す族長
 @だが見つけられたのはフューリーだけで、その背にヒックはいない
 @ヒックは死んだものと思い、自分のせいだと嘆く族長
 @しかしフューリーがたたんでいた翼を広げると、中から気絶しているヒックが
 @息子を救ってくれたフューリーに感謝する族長、バイキングたち



 @ヒックが目を覚ますと、自宅のベッドの上
 @そばにはフューリーがいる
 @ヒックは左足を失って、義足になっている
 @フューリーの尾ひれは左半分が人工尾ひれなので、お揃いになる一人と一頭


◇FINイメージ
 @ヒックがフューリーの肩を借りながら自宅の外に出ると、村中にドラゴンがあふれている
 @バイキングたちはみな、ドラゴンを相棒として受け入れ、一緒に生活を始めている
 @「バイキングに必要だったのは、ヒックだったのだな」と族長
 @アスティーはヒックにキス、二人ははれて両想いに
 @バイキングは一人に一頭、ドラゴンをペットとして飼うようになる



おしまい



****

【感想】
はじめは「組織の中で」ジャンルと勘違いしてました。
私がその勘違いに気づいたのは、なんと、ヒックの足が義足になったとき。
ホッホー、気づくの遅すぎだぜ。
中盤あたりから、ヒックがしつこいくらい「相棒、相棒」ってフューリーのこと呼んでたじゃんかよ。
「相棒愛」だってばよ!

「相棒愛」とは、一人では不完全な者が、二人一緒になったときに完全体となるお話だそうです。
互いが互いを必要としている話。
ヒックがいないと、空を飛べないフューリー。
フューリーがいないと、バイキングとして認めてもらえなかったヒック。
最後には義足までお揃いになって。
まさに彼らは一心同体ってやつなのでしょう。
(記事ではずっとフューリーで通してきましたが、フューリーはドラゴンの種別名であって、ヒックが相棒につけたペット名はトゥース)

ところで。
ビート仕訳、ディズニー映画率が高くて申し訳ない。
でも子供向けのほうが、今の自分の力量にあってるんです。










ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人