2017年10月19日 - さかえのよ

(潮)セントラルクエスチョン

「私のあなた、あなたの渡し」日記
10 /19 2017
あのね。
恥ずかしげもなく言うよ。
「セントラルクエスチョン」って言葉、昨日初めて認識した。
今までも目にしてたと思うんだけど、今更認識した。

セントラルクエスチョン=「さぁ、果たして主人公は〇〇できるでしょうか?」

第1幕の最後で投げかけられるこの質問とともに、物語は第2幕へと入るんだそうな。
そして物語のクライマックスまで、一貫してそれが存在し続ける。
この質問が物語を貫く。

私は今まで、間違った質問を設定してたよ。

誤:
「さぁ、果たしてタットは仇討ちを成功させることができるのでしょうか?」

正:
「さぁ、果たしてタットは慈悲の心を知り白魔法が使えるようになるのでしょうか?」

真逆じゃん。
これ間違ってちゃダメだ。
うん。
一個おりこうになたよー。



****

【追記】
この記事書いてからまだ数時間と経ってないが。
上記した正誤が、本当に正誤なのか迷い始めた。
どっちの質問にするかで、同じ事柄でも描き方が変わるってことだよね?
あれあれ?
どっちにしたらいいんだー?
も、もう少し悩んでみます。


ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人