(潮)新鮮だった - さかえのよ

(潮)新鮮だった

「葛飾、最後のピース」日記
06 /25 2015
探し物しているうちに、以前書いた自分の小説を読みふけってしまいました。
これなんですけど。
怪談落語~殺し文句~
すっかり内容とか忘れてて、ただの読者みたいに読んでしまったーー;
主役の設定は覚えていたけど、この話、どうなってどうなって、最後どうなるんだっけ?という状態で読み、最後の展開に自分でも「こんなんでしたか?」と思った次第。
で、自分らが書いたとは思えないね~なんつって、帰ってきました。
だってなんも覚えてないんだもん。
そこそこ普通に読めましたよ。最後までつっかかりもなく。
なんでも一度は忘れてみるもんですね~。

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人