(潮)でっかいヘタをこいてる気がする - さかえのよ

(潮)でっかいヘタをこいてる気がする

「葛飾、最後のピース」日記
07 /23 2015
葛ピーに感想下さった方がいまして、その方にご指摘いただいたんですけど。
ジャスティーが一英を指して言ったセリフにこんなのがあるんです。

「あなた、スタイリッシュすぎるんですよ! ここは葛飾、そんなにカッコ良かったら変でしょう? 葛飾のローカルヒーローならもっとグダッとしてないと!」

この「葛飾のローカルヒーロー」のところ。
「新小岩のローカルヒーロー」ではないかと、おっしゃるのです。

確認してみてビックリですよ。
何度読み返しても違和感なかったのに、その通りの間違いなんですもの。
この指摘、すごいっす。
私なら読者として読んでて、スルーしてるとこだと思います。
だって作者としても気づかないままなんだから!><

実はここ、単なる書き間違いではなくて、製作中に設定変更した際、修正し忘れた部分だったんですね。
一英、初期設定では「葛飾のヒーロー」だったんです。
今よりも規模がちょっとデカかった(笑)
その設定変更に気を付けながら作業してるのに、これだもん。
全然見落としてるのね。
何度も読んでるのに、堂々と見逃すのね。

ちゃんと直してるつもりだったから、言われてびっくりしました。
自分が直してないことよりも、設定変更とか知らない方がそれに気づいてくれるということ、その能力にびっくりしました。
一度頭に入った設定って、違和感ないままで修正し忘れたりするから恐ろしい。
脳みその切り替え機能がレベルアップする秘密道具欲しい。

予約投稿の作業してても、新たに発見するミスとか連発してて、もうドキドキが止まらないぜ。
普段縦書きで執筆してるからか、ページ最下部の折り返し地点にミスがあった場合、かなりの確率で見落としてる。
だがら、なろうで横書きになった途端、一行の文字数も変わることでミスを発見する。

もうほんと、ウヒー!だよ…。
そんでその勢いで、登場人物の矛盾した動きとか、矛盾したセリフとか見つけて、ソッコー手直しする。
なんでお前、さっき座ってたのに今立ってんだよ、とか。
あんたはその言い方じゃダメじゃん、それ知らないはずでしょ、とか。

設定変更、場面入れ替えなどが激しかった作品なので、修正し忘れ系のミス、まだまだあるかもしれません。
淡々と投稿していけばいいと思っていたのに、投稿作業の際に、結構な回数をまた読み返している…。

一筋縄ではいかないけれど、ご指摘下さった方、ほんとにありがとうございました。
これでもがんばりまーす。

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人