(潮)あたりがついてきた - さかえのよ

(潮)あたりがついてきた

自作品
03 /01 2016
そういえば、先日書いた記事を少々訂正しました。
「葛飾、最後のピース」に相棒愛もあるような気がしたと言ってましたが、本をまたよく読んでいるうちに、相棒愛ではないなと結論しました。
条件に合わない。
ジャスティー編も「人岐路」だと思います。

****

最近このジャンル分けにやっきになってるのは、今後のプロット作りをもっとスムーズにこなしたいからです。
この本の示す「ジャンル」に合った展開をすることで、確実にシンプルなお話が出来上がると思います。
見る人も混乱しないで見られると思います。
当然ながら、ひとつの作品にひとつのジャンルがおさまってるほうが、作品としてのまとまりが良いようです。

私が長編のプロット作りに手を焼くのは、どうもジャンルが複数絡まることが原因のひとつのようです。
キャラごとに別ジャンルのプロットができあがってしまう。
この事態にパニックになるわけです。
誰目線で書けばいいか解らなくなる。
そりゃそうです、誰を主人公にするかでジャンルが変わっちゃうんですもの。

この本でジャンル分けされているものは、それぞれに雛形となる展開パターンがあります。
それは、ほとんどの人が言われなくても大体目にしているような、お約束の展開というやつです。
染み込んでるパターン。
私の中にも、知らず知らずのうちにその雛形はもちろんあったわけです。

「私のあなた、あなたの渡し」という長編がなぜトンザしたのか。

初めに思い描いていた展開があって。
それはこの本のジャンルで言うと、Aというジャンルに相当する。
なのに私はBというキャラを主人公にして、これを描こうとした。
ここがきっと迷路の入口だったんです。
Aジャンルで描くには、Cというキャラを主人公にしなければダメだったんです。
もしくはBというキャラを完全に語り部、観察者にし、その目線からCという主人公を描くとかの工夫が必要でした。
いずれにしてもCがストーリーの中心でなければならない。

一番初めは、Cが主人公だったはずなんです。
でも「一般受けしないかも」という不安がよぎり(笑)、Bを主人公にしてしまったんです。
けれどBを主人公にしたがために、思い描いていた展開にはなれなくなってしまいました。
Bというキャラがの受け持つジャンルの展開になっていっちゃったんです。
いったいどうやったら当初思い描いていた展開をねじ込めるのか、頭を痛めてました。
まとまらないー!(泣)
という状態です。

でもこの本のおかげで段々出口が見えてきました。
初心に戻って考えてみると、やりたかった「ジャンル」にもあたりがついてきました。
その「ジャンル」を描けるのは、Cが主人公という配置しかなかったのも、解ってきました。
いや、こいつを主人公にしなくても書ける術はあるのかもしれない。
でも今の私にはその技術はない。
だから今は、なるべくシンプルな完成を目指したい。

シンプルを目指す!
目指してもたぶん、ゴチャゴチャする気がするので…目指して損はないと思う!

きっとジャンルから想定して作り始めれば、こんな面倒は起きないんでしょう。
話に合ったキャラを最後に作るというやり方なら。
でもいかんせん、これはキャラが先にできてしまったお話なので、もがいております。
小説やマンガが好きな人なら誰だって、学生時代の授業中、こんな話が読みたいなーなんて妄想することがあるでしょうよ。
この小説は、そういう妄想が発端のお話なんです。

だから無駄にキャラから作っちゃってるんだよな。
キャラに愛着あるから、誰も捨てたくない。
このキャラたちにあったジャンルで完成させてやるのが、今の私が目指す自己満足です。

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人