(潮)作品のテーマについて2 - さかえのよ

(潮)作品のテーマについて2

「私のあなた、あなたの渡し」日記
04 /05 2016
昨日、テーマについてこんなふうに書きました。

テーマっていう単語自体が、ちょっとあやふやな気がする。
だからはっきりした単語にしてみる。
ストーリーにおいては、成長とか変化が「テーマ」と同じ意味なんだと思います。

すみません。
あやふやだったのは、単に私の認識のほうでした。
単語があやふやなわけじゃないです。
だってわかんなかったんだもん。
テーマテーマって言うけど、テーマって具体的になんなんだよと。
主題主題ってなんなんだよと。
もっと解りやすい日本語で説明してくれよと。
ってか、辞書くらい引けよと自分でもつっこんでおきますが。

で、よくよく読んでいたら、本書の最後の方に書いてありました。
こんなふうに。

「この映画のテーマはなんなのか?
映画は何かについて語っていなければならない。
ある見方についての賛成・反対両方の意見を展開し、それに対する答えを映画の中で出すのである」

つまりテーマとは、作中で語られている「何か」ということですよね。
語りの題材ってことですよね?
あってますよね?

となると、昨日書いていたこれは、テーマじゃないですよね。
「他人を信じる気持ちを取り戻す」
これはテーマじゃない。

ある見方についての賛成・反対両方の意見を展開するものらしいので、「私のあなた、あなたの渡し」では恐らくこのあたりがテーマになるんだと思う。

・人を信じるか、信じないか
・人を助けるか、助けないか

要はカンク側の意見と、タット側の意見ってことだもんね。
このどっちかだろうな。
わー、迷う。
今までの経験上、ここで「両方」っていうのはやめた方がいいと思うんだ。
ちゃんとどっちかに決めよう。

タットの人間不信に合わせると、前者だよね。
カンクの用心棒に合わせると、後者だよね。
もう少し迷ってみます。
うまく展開できそうなほうにしてみる。

でも今は、カンクありきの主人公像を目指してるわけだから、後者のほうが正解な気がする。



ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人