(潮)ちゃぶ台ガッシャーン! - さかえのよ

(潮)ちゃぶ台ガッシャーン!

「私のあなた、あなたの渡し」日記
04 /08 2016
このブログの背景だった画像が表示されなくなってしまいました。
けっこう気に入ってたのに残念。
恐らく、テンプレ作者の方が、リンク元の画像を消去なさったのでしょう。
まぁいいや。
なんかいい画像見つけたら貼ろう。

****

で、今日はちゃぶ台ひっくり返しに来ました。
たしか作品テーマを、以下の2つで迷ってましたね。

・人を信じるか、信じないか
・人を助けるか、助けないか

これのどっちでもない気がしてきました。
これだと以前の設定とさほど変わらないのです。
そして、タットがニュータイプになった感もない。
なんか前に作ったよなぁ、この手のやり取り、って感じです。
ということはこのまま作っても、きっと同じところでつまずくはず。
つまずく原因は、このテーマじゃ「つまずいた先」の展開に対応できていないから。
あの先の展開に無関係な要素ってことなんでしょう。

んー、何かをきっと見落としてるんだよなー。
なんて思い、もう一回テーマとして語りたいことがなんなのかを考えてみました。
そしたらさ、もー、大きすぎて見えていなかったテーマを見つけたのさ。

・生死を操ることについて

これ、じゃね?
ストーリーの初めから終わりまで一貫して流れてるのって、多分これじゃねぇでしょうか。
だって「生死を操る丸薬」を探して旅してるわけなのですよ。カンクは。
この薬は2種類あって、ひとつは飲めばすぐ死ぬ薬。
もうひとつは飲めば不老不死の体となる薬。
で、この薬が見つかれば話は進むし、使用を巡って悶着した後、幕になるわけです。
俺様ってば、これ語らないでなに語るつもりよ。

ただ、どんな風にすればいいかがまだ決められない。
たとえば、

・生死を操る薬を使うことはいいのか、悪いのか
・生死を操る薬を使う派か、使わない派か

これだけでもずいぶん内容が変わる。
この辺はもう少し考えるとして。

さー。
生死を操る薬についてがテーマになると、タット像がまただいぶ変わります。
テーマについてカンクと悶着しなきゃならないわけだから、タットが「生死を操ること」について何らかのこだわりを持ってないとお話にならん。
今までこれをタットが持っていなかったから、何度もつまずいてたんだろ。
「生」と「死」どっちにこだわりがあるのかな、タットは。
展開上、タットもこの丸薬を欲しがっているという設定にしたいから、「即死丸薬」と「不老不死丸薬」のうち、どっちを欲しがっているかを決めなきゃならん。
また考えてみます。

どっちにしても、泥棒とか金銭執着関係の設定は、不要になる気がするな。
住んでいた島も、金持ちが貧乏人をいじめてるような島だったけど、それも変更する気がする。
それらの設定、だいぶ関係ないから。
そうなると、宗教対立してたある島でのエピソードもごっそり不要かなー。







ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人