(潮)映画「シュガー・ラッシュ」のビート‐2 - さかえのよ

(潮)映画「シュガー・ラッシュ」のビート‐2

シュガー・ラッシュ
01 /12 2017
※映画のネタバレしてます。
※この記事にあるジャンルやビートは、私が「save the cat」という脚本術の本を参考に分けたものです。断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※ジャンルやビートの説明については、このブログでは特にいたしません。ご自身でご確認ください。
※ジャンル分け記事同様、ビート分け記事も個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。
※◇がビートです


****


◇悩みのとき
酒場ゲームの世界にやってきて、バーのカウンターでバーテンダーに出来事を打ち明けるラルフ。

ラルフ「メダルを手に入れるためにはどうしたらいいんだろう?」
バーテン「さぁな。店の忘れ物箱にあるかもな」
ラルフ「(忘れ物箱をあさってもメダルは見つからず)なにやってんだ、俺は……」

やはりメダルなんか手に入らないと諦めかけるラルフ。
が、すぐに、悩みのときは終わる。


「ヒーローズ・デューティー」という軍人系アクションゲーム内でなら、メダルがもらえると解るラルフ。
ラルフは軍服を着こみ、ヒーローズ・デューティーの世界へと忍び込むことに成功。
来店した子供がこのゲームをプレイし始め、メダル獲得に向けて一斉に出発する軍人たち。
ラルフも出陣したが、そこは最新ゲームのリアルなアクション世界。
サイバグという巨大羽虫のようなモンスターを、何万匹も相手にしなければならない。
てんてこまいのラルフは、ゲームをプレイしている子供が「なんかいつもと違う!?」と思うほど、ゲームを乱す。
ラルフの行動のせいで子供は負けてしまい、他のゲームへと移っていく。

面白そうなゲームを物色する子供。
ここで、「シュガー・ラッシュ」が初登場。
シュガー・ラッシュはレースゲームなのだが、毎日登場レーサーが変わるゲームであることが提示される。

先客がいてシュガー・ラッシュをプレイできなかった子供は、フィックス・イット・フェリックスをプレイ開始。
だがそこに、ラルフの姿がない。
ゲーム内ではフェリックスや住人たちが大慌てでラルフ不在を誤魔化そうとするが、故障だと思った子供は店長を呼んで報告。
店長は明日修理を呼ぶことにし、それでもダメならこのゲームも廃棄だなと言う。
フィックス・イット・フェリックスのモニターには、「故障」の貼り紙がされる。

その間、ラルフはヒーローズ・デューティー内で、勝手にメダルのある場所まで行き、メダルを盗む。


◇サブプロット開始(フェリックス&軍曹)
ラルフがヒーロ-ズ・デューティーに侵入したことを知ったフェリックスが、このゲームを訪問。
ここで男勝りで激しい性格の女軍曹と出会い、その解像度の高い美しさに一目ぼれするフェリックス。
ラルフを探しに来たと言っても、女軍曹はそんなやつは知らないと言う。



一方メダルを入手したラルフは、ついにやったといい気分でその場を去ろうとしていた。
だが、あたり一面で眠っていたサイバグにうっかり触れてしまい、目覚めさせてしまう。
サイバグに襲われたラルフは逃げ惑ううち、非常用シャトルへと転がり込み、一匹のサイバグとともに猛スピードでヒーローズ・デューティーの世界を飛び出していく。
ラルフは操縦もできないまま、シュガー・ラッシュの世界へと飛び込むシャトル。
シャトルは墜落し、サイバグは甘そうな沼に落ち、沈む。


◇第1ターニングポイント
ここでヴァネロペが登場。
ヴァネロペにメダルを奪われてしまうラルフ。
逃げていくヴァネロペを追いかける形で、自らアンチテーゼの世界へと入っていくラルフ。
シュガー・ラッシュはラルフにとって、アンチテーゼの世界。
今までいた世界とはまったく逆の世界。
レトロゲームではなく、最新ゲームの世界。
ヒーローも悪役もいない、ただただレースするだけのレーシングゲームの世界。
ケーキなんか食べたこともないと言っていたごみため暮らしのラルフだが、ここはケーキでできたお菓子の世界。


◆第2幕

◇お楽しみ開始

◇サブプロット続き(フェリックス&軍曹)
ラルフとサイバグが乗ったシャトルを追いかけることになった女軍曹。
フェリックスと女軍曹の恋路が展開していく。

彼女はまさに軍人といった厳しい人柄だが、それは悲しい過去の記憶から来るものと判明。
その過去とは、女軍曹が自分の結婚式当日に警戒を怠ったため、教会がサイバグに襲われ、式の最中に夫をサイバグに殺されてしまったというもの。
ゲームのタイトル通り、ヒーローズ・デューティー(ヒーローの責任、ヒーローの責務、ヒーローの負うべきもの)を負っている女軍曹。もう二度と責務を怠らない、といった人柄がにじみ出ている。
フェリックスは、女軍曹にシュガー・ラッシュの世界へ一緒に行きたいと申し出る。
だが、「自分のゲーム外で死んだら、生き返れないんだぞ」と言って断られる。
しかしフェリックスの、「ラルフの壊したものを直すのが僕の仕事だ、あなたにラルフの尻拭いはさせられない」という責任感ある言葉に、女軍曹は同行を許可することに。



◇サブプロット開始(ヴァネロペ)
シュガー・ラッシュの世界では、ヴァネロペのセットアップが始まる。

セットアップ内容…
●ゲームセンターが閉店すると、シュガー・ラッシュの世界では翌日のための予選レースが行われる。
●そこで勝った9名だけが、翌日のゲームでプレイ可能キャラとなれる。
●コインがないとこの予選にはエントリーできない。
●ヴァネロペはコインを持っていない。
●しかしラルフから奪ったメダルで代用し、エントリーに成功。
●喜ぶヴァネロペにガサガサと若干のノイズが入り、何らかの問題を抱えていることが提示される。
●ヴァネロペの参加に驚く一同。
●シュガー・ラッシュの国王が、すぐにヴァネロペを捕まえろと警備に命令。
●どうやらヴァネロペは要注意人物扱いの様子。



だが予選開始の前にラルフがレース場に乱入してきて、レース場はめちゃくちゃになり、予選は中止に。
警備からもラルフからも逃げ切ったヴァネロペ。
ラルフは国王に捕まってしまう。
「貴様、ターボしてこのゲームを乗っ取ろうとしているな! そうはさせん!」と牢屋に入れられそうになり、逃げ出すラルフ。


◇サブプロット続き(ヴァネロペ)
メダルを捜索中、ヴァネロペが他のレーサーたちにいじめられている場面に遭遇するラルフ。
ヴァネロペはシュガー・ラッシュの不具合であることが判明。
ヴァネロペがレースに出れば、不具合を起こし、プレイヤーに故障を訴えられ、このゲーム機自体がお払い箱になってしまう。
ヴァネロペはレースに出たいだけだが、「いちゃいけない存在」と言われ、手作りしたカートもめちゃくちゃに壊されてしまう。


いじめを見かねたラルフがレーサーたちを追い払う。
ラルフがどんなに硬いものでも壊せると知ったヴァネロペ、手を組もうと申し出る。
メダルを取り返したいラルフ、メダルはレースに勝たないと返ってこない、ヴァネロペはレースで勝利したい。
二人の利害が一致し、ラルフは渋々ながら手を組むことに。
ヴァネロペはラルフに壊してほしいものがある。


一方、サイバグを探し、シュガー・ラッシュの到着したフェリックスと女軍曹。
サイバグが卵を産んで繁殖し始める前に殺さないといけない。
「ターボする」という言葉を女軍曹が知らず、フェリックスが説明する。

ターボについて…
●新参ゲームの人たちは、ターボするという言葉を知らない。
●昔、大人気のレースゲームがあり、主人公はターボというレーサーだった。
●だが新作レースゲームに人気を奪われ、ターボは嫉妬のあまり、そのゲームに侵入。乗っ取ろうとした。
●結果、「ゲームがおかしい」というプレイヤーの報告により、ゲーム機は両方とも故障とされ、お払い箱にされてしまった。


◇サブプロット続き(フェリックス&軍曹)
そんな話をしながら歩いているうち、底なし流砂に落ちてしまうフェリックスと女軍曹。
女軍曹にいい方法は思い浮かばない。
このまま死んでしまうかと思われたピンチだが、フェリックスのアイデアで流砂から逃げ出すことに成功。
フェリックスに抱きかかえられて流砂を抜け出す際、恋心が芽生えてしまう女軍曹。



一方、サイバグは生き延びている。



つづく













ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人