(潮)映画「シュガー・ラッシュ」のビート‐4 - さかえのよ

(潮)映画「シュガー・ラッシュ」のビート‐4

シュガー・ラッシュ
01 /18 2017
※映画のネタバレしてます。
※この記事にあるジャンルやビートは、私が「save the cat」という脚本術の本を参考に分けたものです。断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※ジャンルやビートの説明については、このブログでは特にいたしません。ご自身でご確認ください。
※ジャンル分け記事同様、ビート分け記事も個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。
※◇がビートです


*****


◆第3幕

◇フィナーレ開始
シュガー・ラッシュの世界に隠された秘密を探り始めるラルフ。

解った事実…
●ヴァネロペがレースに出てゴールするとゲームがリセットされ、ヴァネロペが不具合ではなくなること
●こんな設定にしたのは国王であること
●国民はみんな記憶をロックされていて、国王がやったのは知っていても、なぜやったのかは解らない状態


その頃、一人でサイバグを探していた女軍曹。
サイバグの産んだ大量の卵を発見する。
大量発生は目前の危機。


自分が壊してしまったカートを手に入れたラルフ、あの魔法のハンマーで直してもらうため、牢屋に捕まっているフェリックスの元へ。
牢屋の壁を豪快に壊して侵入。
やっとラルフを見つけることができたフェリックスは、いかに自分がひどい目に合ったかを語り出す。

フェリックスが語った内容…
●好きな人に拒否された
●何もしていないのに牢屋に捕まって、まるで犯罪者扱い

フェリックス「人に嫌われるこんな気持ち、ラルフにはわからないだろ!」(プンスカプン)
ラルフ「解るよ、俺は毎日味わっている」(遠い目)
フェリックス「…そうなの?」(鈍感)

だから自分のゲームから逃げ出したんだ。でも自分は悪役だし、ヒーローになりたくても叶わないことが解った。と語るラルフ。
ラルフの気持ちを初めて知ったフェリックス、自分も同じ気持ちを味わったことで共感と理解が生じる。
ラルフが「二度とヒーローを目指したりしないから、このカートを直してくれ!」と事情を説明すると、「喜んで!」といった表情で承諾するフェリックス。


元通りになったカートを手に、ヴァネロペが捕まっている牢屋にやってくるラルフ。
ここでも壁を壊して侵入。
頑丈な鎖でつながれているヴァネロペに謝るラルフ。
「悪いのは俺だ、俺はバカだ」
許すヴァネロペ。


ヴァネロペ不在のまま、レースが開始する。
ヴァネロペは棄権したことになっている。
全員がスタートしたあと、スタートラインにつくヴァネロペのカート。
ラルフ「勝たなくてもいいんだ、ゴールに入れればいい」
ヴァネロペ「絶対に勝つ!」

レース中、最後尾からどんどん追い上げるヴァネロペ。
白熱の最中、また不具合が発生しそうになるが、なんとか抑えて、不具合をコントロールしつつ走るヴァネロペ。
1位を走る国王を追い上げるヴァネロペ。

その頃、レース場に女軍曹が登場。
サイバグが増えてしまったことを知るラルフ。
サイバグがレース場を襲い、パニック状態の国民。
ゴールラインがサイバグに壊されそうになる。

一方、デッドヒートの国王とヴァネロペ。
なんとしてもヴァネロペの勝利を阻止しようとする国王、その正体があの「ターボ」だったことが判明。
シュガー・ラッシュに侵入して、プログラムをし直して、乗っ取ってしまったのがターボだったと解る。
ターボに攻められ絶体絶命のヴァネロペ。
このままでは激突してしまうという時、不具合の力を使って瞬間移動することを思いつくヴァネロペ。
逃げていくヴァネロペを追うターボだが、突然現れたサイバグに食べられてしまう。

ゴール目前まで来て、ヴァネロペがコースアウト。
ラルフたちがカートを起こすのを手伝っているうちに、サイバグがゴールラインを壊してしまう。
ゴールできなくなったことと、サイバグが襲いかかってきたことで、その場から逃げ出す一同。
ラルフはヴァネロペを担いで、タコ足配線へつながる出口を目指す。
もしかしたら出られるかもしれないと思うラルフだが、やはり、ヴァネロペだけが外に出られないことが解る。
サイバグが出口まで追いかけてきて、詰め寄られる一同。
「私の事はいいから逃げてよ」とヴァネロペ。

なんとかサイバグを倒せないかともめるが、「ビーコンがないとサイバグは止められない」と女軍曹。
ヒーローズ・デューティーの世界ではプレイが終了すると、塔のてっぺんから天に向かってまばゆい光「ビーコン」が立ち上り、サイバグたちはそれに引き寄せられるようにして塔へと戻っていく。そうプログラミングされている。
それならばとアイデアがひらめくラルフ。
メントス鍾乳石のあった洞窟は、ちょうど塔のような山(まんまコーラの瓶の形)で、あそこでメントスコーラを爆発させればきっと、「ビーコン」と同じ状況になるはず。

「壊すこと」で、みんなを救えるかもしれない。
そう思うラルフだが、羽虫化したターボが現れ、邪魔しにくる。
ターボはウィルス化してどんなゲームでも乗っ取れるように進化していた。
強くなったターボに勝つことはできず、上空へと連れて行かれるラルフ。
サイバグに追い詰められているヴァネルペの姿が見える。
どうにもならない、ピンチの二人。

だがラルフは、自分を犠牲にすることでヴァネロペを救う道を選ぶ。
ターボの腕を振り切り、コーラ瓶の山へとダイブ。
このまま落ちればメントス鍾乳石を壊せるが、きっと自分もメントスコーラで大爆発する。
落ちながらラルフは思う。
「悪役でもいい。それ(壊すこと)であの子が助けられるんだから!」

ラルフが山にダイブしていくのを見て、ヴァネロペが助けに向かう。
無我夢中ながらも不具合瞬間移動を上手に使いこなし、サイバグをかわしながらカートに乗ったヴァネロペは、ラルフの元へ。
ラルフがメントスとともにコーラ池に落ちそうになる瞬間、ヴァネロペの乗ったカートがラルフをキャッチ。
山から逃げ切る二人。

メントスコーラが大爆発し、思惑通りにビーコンが完成する。
その光を見たサイバグたち、光へと集まっていく。
サイバグ化したターボも、光には逆らえず、一緒にサヨナラしていく。


◇サブプロット続き(フェリックス&軍曹)
サイバグをやっつけたことに喜んだフェリックスが、女軍曹にキス。
女軍曹もキスを返し、結ばれる二人。



サイバグもターボもいなくなった状況で、フェリックスが魔法のハンマーでゴールラインを直す。
ゴールラインをカートで越えるヴァネロペ。
するとゲームのリセットが始まり、サイバグにめちゃくちゃにされてしまったシュガー・ラッシュの世界が元に戻っていく。
ヴァネロペも本来の姿に戻っていく。
なんと彼女はこの世界の真の支配者、プリンセスだった。
国民たちの記憶が戻り、ヴァネロペが支配者だったことを思い出す。
今までヴァネロペをいじめてきていたキャラたちが平謝り。
「追放します」と冗談を言うヴァネロペだが、追放されるつらさを知るヴァネロペは、みんなを許す。
これからは、シュガー・ラッシュの世界を独裁国家ではなくすると、宣言するヴァネロペ。
プリンセスの服は脱ぎ捨て、レーサーの姿に戻るヴァネロペ。
「こっちが本当の私!」

ゲームセンターの開店時間が迫り、ラルフとヴァネロペの別れのときがくる。
「シュガー・ラッシュの世界にいてもいいよ?」と、悪役ではない生活を保障してくれるヴァネロペだが、「俺にも仕事がある」と元の世界へ帰っていくラルフ。


時が経ち、悪役集会に再び出席しているラルフ。
「俺は今の自分が好きだ」と良い報告をする。

ラルフの現状がどう変わったか…
●ラルフがゲームに戻ったことでゲームは正常に動き出し、故障ではないと判断され、お払い箱を免れた。
●以前のように悪役を務めるラルフ。役割は変わっていないが、ゲームの住人達がラルフに優しくなっている。ケーキも焼いてくれる。
●おかげでラルフも人にやさしくなり、仕事を失っていた別ゲームのキャラたちを自分のゲームに招き入れ、ボーナスステージで働いてもらっている。
●ごみために寝るのではなく、家も建てた。招いたキャラたちの家も。
●増えたキャラたちのおかげで「フィックス・イット・フェリックス」は昔よりも面白くなり、ゲーセンを訪れる子供たちに大人気のゲームになった。


◇サブプロット続き(フェリックス&軍曹)
二人は結婚した。
結婚式にはヴァネロペやラルフたちも参列し、女軍曹も今度こそは警戒を怠らず、教会にサイバグはやってこなかった。
結婚式に参列していることから、ヴァネロペが自分のゲームの外に出られるようになったと推測される。



◇ファイナルイメージ
以前と同じようにフェリックスに倒され、住民たちにマンションの屋上から突き落とされているラルフ。
だがラルフは今や、この瞬間が一番好きになっている。
なぜなら、その瞬間、モニター画面の向こうにシュガー・ラッシュのゲーム機が見えるから。
ヴァネロペのレースが見えるし、瞬間移動を使えるヴァネロペはプレイヤーにも大人気。
ヴァネロペも自分のゲーム機から見えるラルフの様子に、笑顔する。

ヴァネロペと目が合ったラルフ、
「ヒーローになるのに、メダルなんか要らなかった。それにあの子が俺を好きでいてくれるなら、悪役も悪くない」


おしまい。



*********

思った以上に長い記事になってしまいました。
半分くらいで終わるはずだったんだけどな。
次回からは、もう少し短めに書こうと思います。

でもとても面白い話でした。
泣けるし。
ビート分けするのも、それほど困らず。
原題は「Wreck-it Ralf」ですが、意味としては「壊してよ、ラルフ」かな。
ラルフが悪役を務めるゲームが「Fix-it Felix」、「直してよ、フェリックス」なので、なかなか楽しいタイトルだと思います。
壊すことでヒーローになれるという。




ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人