(潮)映画「ミニミニ大作戦」のビート-3 - さかえのよ

(潮)映画「ミニミニ大作戦」のビート-3

ミニミニ大作戦
01 /27 2017
※映画のネタバレしてます。
※この記事にあるジャンルやビートは、私が「save the cat」という脚本術の本を参考に分けたものです。断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※ジャンルやビートの説明については、このブログでは特にいたしません。ご自身でご確認ください。
※ジャンル分け記事同様、ビート分け記事も個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。
※◇がビートです


*****


◆第3幕

◇フィナーレ
 @スティーブが金塊を持ってトンズラしようとしていることが判明
 @そこに「やせのピート」から電話
 @仲介人のいとこマシュコフが、仲介人を殺したのはチャーリーだと思っていることが判明。

マシュコフがそう思った経緯は以下
 いとこ殺される
 やせのピートが金塊のことを嗅ぎまわっていたことが解る
 マシュコフ、やせのピートを訪問
 やせのピートが言う
 「チャーリーが金塊のことを知りたがっていて、俺は頼まれただけだ」
 では、チャーリーがいとこを殺したということか

 ↓

 @スティーブのトンズラにそなえ、金塊を奪うための下準備が改めて始まる

 ↓

 @マシュコフ、誰かの行き先を突き止める。ニューオリンズ
 (※この行き先、チャーリーのなのか、スティーブのなのか、私はいまだにどっちか分からない。見落としてるんだと思う。駅の看板とか見れば分かるかも。でも多分、チャーリーだと思われる) 

 ↓

 @スティーブがトンズラ開始
 @チャーリーたち、金塊奪還の計画を実行開始
 @金塊は金庫に入ったまま、トラックに乗せられる
 @スティーブが小賢しくもおとりのトラックを用意するが、チャーリーの頭ですぐに本物が判明
 @チャーリーたちは信号機のシステムに侵入し、街は大混乱
 @信号を操ることで、トラックを思い通りのルートに進ませる
 @見事、金塊を載せたトラックを乗っ取ることに成功

 ↓

 @さっそく金庫を開けようとするが、問題発生
 @今まで金塊が入っていた金庫とは違う金庫に変更されている
 @今までの金庫より開けるのが大変
 @ステラ、練習不足だが金庫破りに挑戦しなければならない

 ↓

 @金庫破りの途中、ステラの得意だった道具がいっさい使えなくなる
 @手先の感覚だけで開けなくてはならない
 @予定よりも時間がかかる
 @あせる一味、迫る追手、なくなる時間

 ↓

 @極度の緊張の中、ステラが諦めかける

ステラ「私はやっぱり道具がなくてはダメ!」
チャーリー「大丈夫だ、できる」

 @チャーリーはステラをなだめるように手を取り、愛情感じる仕草でステラの手を金庫へと再度導く
 @もう一回頑張るステラ

 ↓

 @父と同じように、手の感覚だけで金庫を破ることに成功するステラ
 @金庫には金塊がたくさん残っている
 @自分たちの車に金塊を移し、逃げるチャーリーたち
 @天を見上げ、ジョンに成功を報告するチャーリー
 @だがスティーブは、手下とともにまだ追ってくる

 ↓

 @なんとかスティーブの追跡を振り切り、金塊を列車に積み終えるチャーリーたち
 @だがスティーブはまだ追ってきていて、金塊とともに自分も列車に乗り込もうとする
 @スティーブは勝利を確信するが、そんなスティーブの行動も想像済みのチャーリー
 @チャーリー一味に囲まれ、絶体絶命のスティーブ
 @ここでマシュコフが登場。いとこを殺したのはお前だなとスティーブを追い詰める
 @スティーブはしらを切り、マシュコフを金で買収しようとするが、応じないマシュコフ
 @チャーリーたちと同様、金では動かないマシュコフ

マシュコフ「想像力の足らんやつだ」
ステラ「私たちは、金が欲しくてやったんじゃないの」
スティーブ「はぁ? 金以外になにがある?」

 @ステラによる強烈パンチをお見舞いされるスティーブ
 @スティーブの身柄はマシュコフに委ねられ、そのまま拷問に連れていかれる
 @泣きのスティーブ


◇ファイナルイメージ
 @ステラの言う通り、チャーリーたちはみな、金で動いたわけではなかった
 @だが、手に入れた金塊で欲しかったものも手に入れた
 @豪邸、高級車、高級スピーカー
 @そしてチャーリーはジョンのアドバイス通り、一生を共にする女性、ステラを手に入れた
 @チャーリーとステラはボートに乗り、ベニス? ニューオリンズ? とにかく水の都を悠々と愛のクルージング



おしまい



****


【感想】

この映画は、save the cat に載っていた映画だったので、見てみました。
昔に同タイトルの映画があり、それのリメイクだそうです。
リメイク具合には賛否両論あるそうですが、私はまぁまぁ面白かったです。
どのへんがどうリメイクされているのか、過去作品も機会があれば見てみたいな。
しかし邦題。
一体なにがミニミニなのかと見終わってからも分からなかったのですが、ポスターにもありますように、ミニクーペがカーアクションを見せるので、そこが見どころの映画らしいです。
車に疎くてすんません。
そういや、車がミニサイズなことがことさらフューチャーされたなぁー。

そしてこの映画、初めて見る映画のはずが、ところどころ見覚えのあるシーンが…。
しかもエドワード・ノートン(スティーブ)のシーンばっかり覚えてる。
なんでかなー?
エドワード・ノートンのファンではないのだがー?
すぐにわかったよ。
吹き替えが平田さんだったからだ。
平田さんの言い回しが聞きたかった時期があって、その時に平田さんのシーンだけを何度も見た映画なんだと思う。
覚えてないけど、この状況はきっとそうなんだろう。
ほかのシーンは飛ばしたんだな、絶対に。




ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人