(潮)映画「ダイ・ハード3」のビート-1 - さかえのよ

(潮)映画「ダイ・ハード3」のビート-1

ダイ・ハード3
01 /31 2017
※映画のネタバレしてます。
※この記事にあるジャンルやビートは、私が「save the cat」という脚本術の本を参考に分けたものです。断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※ジャンルやビートの説明については、このブログでは特にいたしません。ご自身でご確認ください。
※ジャンル分け記事同様、ビート分け記事も個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。
※◇がビートです


*****




題: ダイ・ハード3 (原題: Die Hard With a Vengeance )
ジャンル: 難題に直面した凡人(法執行困難)
主人公: ジョン・マクレーン
主人公が倒すべき敵: サイモン


◆第1幕

◇セットアップ
 @舞台はNY
 @繁華街のデパートで無差別爆発事件が起こる
 @それを受け、慌ただしくなる警察署内


◇OPイメージ
 @爆発物を仕掛けた犯人、サイモンから警察署に電話がかかってくる
 @ジョン・マクレーン(停職中)を呼び出せとサイモンが指示する

※)OPイメージに関しては、セットアップと進行が重なり合ってるので判断に戸惑いましたが、

●サイモンが隠れた場所から主導権を握っている
●ジョン・マクレーンに電話がかかってくる

この二つが、OPイメージかなと判断してみました。
どうしてかはFINイメージと比較を。


◇テーマの提示その1
 @この事件は、サイモンがマクレーンに仕掛けるゲームである
 @サイモンが命令を出し、マクレーンが従う
 @従えない時は、罰としてまたどこかで爆弾が爆発する


◇セットアップ続き
 @署長に呼び出されたマクレーン
 @飲んだくれの生活を送っていたようで、マクレーンはヨレヨレ状態
 @頭が痛いからと、アスピリンを飲むマクレーン(伏線)
 @マクレーンを現場まで連れていく車内で、ほかの事件についても報告を受ける署長
 @ダンプカーが14台盗まれる事件があった(伏線)
 @警察のほとんどはロッタリーくじを、自分の警察バッジの番号で買うという雑談(伏線)
 @マクレーンは現在、奥さんや子供と別居中で、ずっと連絡をとっていない
 @指示された黒人街につき、裸同然で一人、車外に放り出されるマクレーン


◇テーマの提示その2
 @黒人街のとある店で働く黒人、ゼウス
 @店に来た甥っ子(小学生)が、不良にいいように使われていて、ちゃんと学校に行けとゼウスが説教
 @ゼウスが甥っ子たちにする説教内容がテーマの提示

ゼウス「悪い奴らは誰だ?」
甥っ子「ヤクを売ってるやつら。ハジキ持ってるやつら」
ゼウス「いい奴は?」
甥っ子「僕らだ」
ゼウス「助けてくれるのは?」
甥っ子「誰も」
ゼウス「じゃあどうすりゃいい?」
甥っ子「自分たちで助け合う」
ゼウス「助けを求めたくない相手は?」
甥っ子「白人だ」

つまりこの映画のテーマは、サイモンの無茶ぶりに従うことと、そのためには黒人と白人が協力しあわなければならないこと。


◇きっかけ 
 @白人マクレーンと黒人ゼウスが出会う
 @黒人街のまっただなかで、「I HATE NIGGER」と書かれた看板を抱えて立っているマクレーン
 @ゼウスが「ここでそんなことをしていたら殺されるぞ、気は確かか?」と近寄る
 @案の定、すぐ近くにいた若者の黒人集団に気づかれ、暴行を受けるマクレーン
 @成り行きで止めに入ったゼウス
 @ゼウスとマクレーンは、その場から逃亡
 @巻き込まれたことにご立腹のゼウス

ゼウス「私の名はゼウスだ! 私をなめると稲妻を頭上にふらせるぞ!」(伏線)


◇悩みのとき
マクレーンにとっての悩み=犯人像についてあれこれ考える
 @警察署に戻ると、心理学者が犯人像を推測している
 @傷の手当をうけつつ、またアスピリンを飲むマクレーン
 @犯人はマクレーンに恨みがあり、さんざん痛めつけたあと、殺すつもりだろう
 @サイコで爆弾に詳しいやつのはず
 @新たに見つかった爆弾が署に届く
 @ここで爆弾の仕組みがわかる



 @そこへまたサイモンから電話がくる
 @予定外に登場してきたゼウスも、今後、このゲームに参加するように
 @サイモンに好きなだけ金をやろうと交渉する署長だが、サイモンは金などいらんと拒否(伏線)
 @サイモンが次の指示をして電話を切る



ゼウスにとっての悩み=白人同士の問題に巻き込まれる筋合いはない
 @ゼウスは協力したくないと拒否して、その場を立ち去ろうとする
 @ゼウスは確かにマクレーンを助けたが、それは白人を助けたのではなく、黒人街で事件が起きるのをふせいだだけだと主張


◇第1ターニングポイント
 @サイモンの指示に従わなければ大変なことになる、ゼウスを連れ戻せと署長に言われるマクレーン(協力するしかないという決意)
 @さっき新たに見つかった爆弾は、黒人街で見つかったんだと嘘をつき、ゼウスを再度巻き込むマクレーン

マクレーン「犯人は肌の色なんか気にしてないんだよ、あんたと違ってな」
ゼウス「……」(協力するしかないという決意)




つづく




ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人