(潮)映画「メン・イン・キャット」のインシデント - さかえのよ
FC2ブログ

(潮)映画「メン・イン・キャット」のインシデント

その他
10 /25 2017
※映画のネタバレしてます。
※断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。

****



題: メン・イン・キャット (原題: MIC )
ジャンル: 魔法のランプ
主人公: トム
主人公が倒すべき敵: 裏切り社員

インサイティング・インシデントとキイ・インシデントを探そうと思い、つい先ほど鑑賞しました。
メン・イン・ブラックの監督作品だと、今ウィキで知りました。
今回はビート仕分けではなく、インシデントと、ほか重要プロットポイントのみメモしておきます。

ついでに貼っておこう。
映画「メン・イン・キャット」公式サイト

****

◆インサイティング・インシデント
(観客の心をつかむ、いわゆるつかみの事件。また、物語のきっかけとなる事件でもある)
…娘の誕生日が迫り、プレゼントは何がいいかとたずねると、「猫がいい」と答える娘。主人公は猫を買わなくてはならなくなる。
 ↑これが物語が進むきっかけの出来事ではないかと思ったのですが、どうでしょう。

◆キイ・インシデント
(物語が進む方向性を定める、核となる事件。セントラルクエスチョンにつながる。主人公の欲求・目的を変える事件。第1TPでもある)
…猫と主人公の体が入れ替わる事件。
 ↑これは間違いないんじゃないかと自信高めの判断ですが、どうでしょう。

◆セントラルクエスチョン
(果たして主人公は〇〇できるのか?)
…果たして主人公は人間に戻ることができるのか?

◆おたのしみの開始状態
…主人公は猫の体の中に入り、娘のペットとして生活することになるが、猫は主人公の体の中に入ったまま昏睡状態。
 体が死ぬ前にもとに戻らなければ、一生猫のまま。

◆ミッドポイント
…主人公(猫状態)が、父の昏睡状態を悲しむ娘を励ますため、風船バレーボールで戯れるシーン。二人は楽しいひと時を過ごす。

◆全部ダメになる
…裏切り社員の企てにより、会社が売り飛ばされてしまう。
(しまいそうになる、だっけ? 忘れた。なんかもう打つ手なしだったのは覚えてる)
 さらに主人公の体のほうも助からない見込みとなり、延命装置が外されそうな事態に。

◆心の暗闇
…会社を守れなかった息子が自暴自棄に。
 延命装置がそろそろ外されそうな父の病室で、おれはダメな息子だ…と泣く。
 自殺をほのめかして病室を去る息子。
 主人公はその場にいるが、猫なので止められない。
 息子を追いかける主人公(猫)。

◆第2TP
…娘だけが「この猫はパパだ」と気づいており、それを証明するチャンスが巡ってくる。
 「さぁパパ証明して!」と娘。
 だがそんなことをしていたら、息子が自殺しに行ってしまう。
 ここで、選択を迫られる主人公。
 人間であることを証明して体を延命し続けてもらうか。
 その機会を捨て、息子を追いかけ自殺を阻止するか。
 後者を選ぶ主人公。






ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人