(潮)インシデント続き - さかえのよ
FC2ブログ

(潮)インシデント続き

「私のあなた、あなたの渡し」メモ
10 /30 2017
先日の記事。
現段階での案として、こう書きました。

◆インサイティング・インシデント…タットの妄想内で起きる事件
マスターが死に瀕する場面。
白魔法を使って癒したいがまったく使えない。
結局、治癒させることができず、マスターが死んでしまう。
悲しくて悔しくて。
己の無力さを思い知る。
この妄想をするたび、キーッッって軽い錯乱状態になるタット。


しかし、この事件は、インサイティング・インシデントではないような気がしてまいりました。
インサイティング・インシデントは、「あくまできっかけの事件。この事件が起こることで、初めて登場人物が投げ込まれ、ストーリーが動き出す」もの。
タットの妄想は彼の人生の中でずーっと起きていることだから、今さらこれがきっかけでストーリーが動き出すというのはおかしいなと。
そんな理由から、これはきっと違うなと思いました。
なので考え付いたのは、こんなきっかけ事件。


【新案】
◆インサイティング・インシデント…バルバオーロによる、連続白魔法院襲撃事件が発生してると発覚
カンクたちがバルバオーロ討伐隊が、この事件を追っている。
もう数件の襲撃事件が各地で起きていて、その足取りを追いかけるカンクらだがいつも一足遅い。
彼らが一足遅いのには理由がある。
「バルバオーロの襲撃した魔法院にいる、タットという名の白魔法士を仲間にする」というのが彼らの目的なため。
だが、いまだ出会えていない。


…と、こんな感じかなぁと。
ちなみに「インシデント(事件)」っていうのは、本当の事件じゃなくても全然OKなんです。
が、この作品の場合、殺人事件が起きるのでかなり「事件」になってます。
「インシデント(事件)」なのだから、誰か殺したり、犯罪を設定しなきゃ…っていうことではないので、ここに明記しときます。
インシデントは「事件」というより、「できごと」として捉えておいたほうが誤解がなさそうだす。


*****

そういえば以前、リーサル・ウェポンやテルマ&ルイーズのビート仕分けもしたいとか言ってました。
でも当面、できなくなりやした。
録画を溜めすぎた結果、機器の動作が鈍くなり、いらだった父親に全削除されたのです。
ヽ(´∀`)ノワハハ!空っぽ!
「観たら消せ!!(怒)」って態度で示されたよ。
あぁ確かに観たよ、観たけどオイラのはまだ消したくなかったんだよ。
それはね、もう数回観たかったからなんだよ、パパ…。
しかも観てないのも全部消したね…。
でもこうなっちゃあ、もうしょうがない。
こういう時は諦めが肝心なのだ。
観たかったアレとかコレも全部消えたが、まぁいい。
迅速にビート仕分けしなかったのは、私にとってそれくらいの必要性だったということだ。
しかし、一番ショック受けてるのは母親だぜ。
私より溜めてたからなー。
でも全削除したら、確かに機器の反応が機敏になり、快適ではある。
そこは「パパ、グッジョブ!」である。




ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人