(潮)主人公の座、争奪戦勃発中 - さかえのよ
FC2ブログ

(潮)主人公の座、争奪戦勃発中

「私のあなた、あなたの渡し」メモ
01 /18 2018
あのさ、あのね。
前にも書いてるけど、save the cat の脚本術では、主人公の条件としてこうあるの。

1 設定された状況の中で一番葛藤する
2 感情が変化するのに一番時間がかかる
3 楽しんでもらえる客層の幅が一番広い

この条件に基づいてタットを主人公としてやってきた。
でも、ずっとなんかモヤモヤしてた。
そしたら昨日、ネットで脚本術指南してる人のサイトで、こんな記述見つけた。
かなり適当にまとめる。

物語には、「成長物語」か「英雄物語」の2タイプしかない。
「成長物語」は、主人公がなんらかのきっかけで成長し、問題解決に至る。主人公に心の変化アリ。
「英雄物語」は、主人公が他の登場人物の心を変化させ、問題解決に至る。主人公に心の変化なし。
主人公とは、問題を解決する人のことである。
問題を解決するから主人公なのである。
主人公の心が変化しなくてもいい。
しかしその際、他の誰かの心が変化していること。


これな!
って思いました。
そうなんだよ。
この方の言ってること、よくわかる。
全然いるじゃんなー、変化しない主人公なー。
ハリウッドにはいないのかえ?
日本には結構おるえ?
めっちゃモヤモヤしてたのは、これだぜ。

きっとね、私がやりたいのはカンク主人公の英雄物語なんだと思う。
タット主人公の成長物語じゃなく。
だからタットの話を難しく感じてるのかなって思いました。

これに気づいたら、以前にこの記事で和訳した good luck がやたら気がかりだったのも納得できた。
(今回ちょっと訳を手直ししてみた)
この曲、きっと今作りたい作品のヒントになるから気になってるんだろうけど、でもどうして気になってるのか、誰から誰に向けての気持ちとして気になってるのか、さっぱり分かんなかった。
今腑に落ちてるのは、カンクからタットへの気持ちとして、この曲として聞いてたんだろうなってことです。
うぉー、すごい自分だけが納得!

とはいえ、ですよ。
タット主人公でやってきたものを、ホイホイとカンク主人公にしていいのかってことですよ。
内容は変わらないんだけどさ…。
オッサン主人公でいいのか…とかさ。
本当にこっちのがやりやすいのか、本当にこっちがやりたいのか、もう少し自問自答したいですよ。
気の迷いなのかもしれないし。

ううううんん。



ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人