(潮)変更点になるだろうところ - さかえのよ

(潮)変更点になるだろうところ

「私のあなた、あなたの渡し」メモ
03 /13 2018
今までの設定から変更になりそうなところメモ


●マスター・グングルノ → マスター・ヒルグルノに改名
 グングルノって響き好きだったんだけど、覚えにくいような気がしたので。
 もう一人、マスター・ヨルグルノってやつがいるんで、ヒルとヨルでセットで覚えてもらえるんじゃないかと期待し、ヒルグルノにしてみる。


●船員たちが仲間になる順番が変更になる
 以前はみんながいるところにタット投入だったけど、今作ってるプロットだと、カンクとマリアのみのところにタットが入り、その後、順々に仲間が増えていく感じ。


●仲間になるときのエピソード追加
 以前から、各船員が仲間になるときのエピソードってやつが、ネタとしてあった。
 それは番外編でやるしかないと思ってたけど、仲間になる順番が変更になるので、がっつりではないにしろ、盛り込まれていくと思う。


●ドルクの能力・大幅劣化、ペポニの能力・大幅向上
 ドルクというキャラ、出木杉くんかってくらいザ・優秀で、雑用の神的存在だったんだけど、このままいくとかなりの劣化を見ることになりそう。
 タットにとっての「道端のリンゴ」は、各船員たちのエピソードなんだけど。
 そのエピを作るため色々やってるうち、とりあえず、これまでドルクの能力だった動物の飼育能力を、ペポニにあげることにした。
 なぜって?
 ペポニのやつ、カレー作るか踊るかばっかで使いどころなかったからだ。
 お前、なんのためにいるんだ?ってなったからだ。
 残念ながら、カレーやダンスを「道端のリンゴ」に仕立てることができなかった。許せ。
 船員たちはみんな、タットには真似できない秀でた能力をひとつずつ持たせようと思っているんで、ペポニには飼育能力をやる。
 そして、ドルクもひとつに絞ってみようかと思う。
 あえて、穴掘り名人の能力を残してみようかと思う。
 穴掘り名人以外、全部捨てるかもしれん。
 いつ活かせばいいんだかわかんないけど。
 性格的には変わらずいいやつのつもり。


●Aストーリーだと思ってたのが、Bストーリーだったっぽい?
 ある程度プロットが進んだから目に見えてきたんだけど、どうもタットにとっての「道端のリンゴ」が、Bストーリーっぽいです。
 なんか、いまだにAとかBとか判断できかねてるけど、ストーリーの軸? 流れ? そういうやつが、3つあります。
 その3つが、最終的に融合する予定です。
 ひとつめは、丸薬を追う流れ。
 ふたつめは、丸薬を追う中でタットがお見舞いされ続ける小言。
 みっつめは、諸悪の根源物語。
 これらを、A、B、Cストーリーって言っていいのかね?

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人