(潮)星占い - さかえのよ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(潮)星占い

◆雑記
04 /13 2018
このようなブログに出会いました。
とても参考になったので、ご紹介します。

「創作活動のための星占いブログ ホシカン」
http://hoshican.jp/

ちなみに私、潮八は月星座が双子座。
月星座とは、「心が求めているもの」だそうな。
月星座双子座の人の作風が説明されている記事をみると、なるほどと思います。
自分の作風って客観視できなかったりするけど、確かにここに書かれてる通りのことしがちというか。
それが作風ってことなのかぁって。
確かにそうするのが好きだし、そうしてると満足するもんな。
要約すると…

月が双子座の人は、とにかくおしゃべりな作風。
情報がわんこそばのように一口ずつ入れられ続け、最終的にはすさまじい量の情報を読者は食べさせられる。


だそうです。
でね、自分的にも、そんなに情報を食わせたらダメなんじゃないかなとか、こんなにいっぱい一つの作品に盛り込めるかなって、不安になるんです。ホントに。なんとかして削らなきゃダメなんじゃないかって。
でもね、このブログは大丈夫だよって言ってくれてた。

月が双子座の創作家さんは、「こんなに詰め込んだら、うまくまとめられないかも」と心配しすぎず、あれもこれもと情報を吐き切る勢いで創作してみると、精神的に安定する。
小説とかなら書き上げてからでも情報整理できるから、とりあえずなんでもいいからかいちゃえ。


だそうな。
よし。書く。
ってか、自然と、吐き出してから整理するという手法にはなってるなぁ。

ほんで、私の太陽星座は天秤座なわけですが。
太陽星座とは「人生を創造するためのエネルギー」だそうで。
プロとしてやっていきたい人などは、この太陽星座のエネルギーを存分に発揮できるテーマを選ぶことが重要だそうです。
正直いろいろ読んでみたけど、天秤座を存分に発揮できるテーマって、なんなのかはっきりとはイメージわかなかった。
なので参考までに、月星座が天秤座の人の作風について読んでみました。
そしたら今の自分が、やろうとして頑張ってることが書いてあった。
要約するよ。

たくさんの登場人物を扱う。
いろいろな人の人生が絡み合い、それぞれの物語が重なりあい、ひとつの像を結んで、最後は各々の道に戻っていく。
なにもかもがすっきりと片付いたあとの清々しさ。
しかし同時に、別離の寂しさをほんのりと感じる。


おぉ。
そんなの書きたいと思って頑張っている。
方向性は間違ってないという確認ができて、嬉しいよ。

以下は、妹のこと。
妹、斑丸は、月が水瓶座で、太陽が蟹座。
太陽星座については、やっぱりよくわからないので、自分のことでもないし実感得られないだろうからここでは割愛。
水瓶座の作風を要約します。

何かが過大誇張されることも、意図的に排除されることもない傾向。
それゆえの見通しのよさ、透明感が魅力。
受け手に対する押しつけがましさがない。
人道的なものを扱うことが多い。
優しい、きれい、と感じる作品がある一方、胸がザワザワするような作品もある。
それは、水瓶座が受け手に新しい風を送り、常識や価値観を揺るがす性質を持つため。


「命と戦った女 ナイチンゲール」は妹の労力がたくさん詰まった作品なので、私たちの作品の中では、きっと一番水瓶座的作風だと思います。
過大誇張も、意図的排除もしない。
これ解るわー。ナイチンの時、そうだったと思う。
私がナイチンゲールを誇張されたキャラにしようとしたけど、妹に却下された(笑)。
妹はなるべく、ありのままに伝えようとしてたと思う。
そして多分きっと、ナイチンゲールという人物像に関して、一般的に抱かれている常識や認識を揺るがしたと思う。うんうん。

私と妹の月星座の共通点は、どちらも風星座ということ。
月が風星座の人の、物語の落としどころの傾向としては。

他者との交流の果てに、なにかを得たり失ったりする結末。
主人公が死ぬこともある。


だそうです。
つまり、ぐろわ作品のオチは、たいがいそうなるということで確定ですナ。

オマケに書くと、うちの夫は月星座が魚座。
魚座は水星座。
水星座作品の落としどころ傾向は。

他者との心のつながりを得る、あるいは守り抜く結末。
主人公が死ぬこともある。


だそうな。
これ見て思ったのは、夫は創作をしないけど、好きな作品の傾向はまさにそういうモノだなぁって。
君の名は。とか、そんなお話だったじゃないですか。
あの映画、好きだからねあの人。
でも新海監督本人は、水星座関係なさそうだけどね。
野田洋次郎さんの太陽が蟹座だからかもね。
蟹座も水星座だそうだす。

私は太陽も月も風星座なので、風星座の読者さんにはなんとなく喜んで頂ける気が。
妹は月が風だけど太陽が水星座なので、もし妹がテーマを発案して蟹座的なものを書いたとしたら、水星座の読者さんに喜んで頂けるのではないかと。

記事が長すぎるのは、私の月がおしゃべりな双子座だからです。

ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。