(潮)ずーっと昔のメモ見つけた - さかえのよ
FC2ブログ

(潮)ずーっと昔のメモ見つけた

◆雑記
06 /08 2018
こんにちは。

部屋の整理をしていたらひどく昔の創作メモが出てきたので、妹懐かしがるかなーと思い、捨てる前にここに記録しにきました。
これは妹との合作?と言っていいのかわからないけど、発端のアイデアは妹だった創作メモです。
たしか、UAさんの「水色」をBGMにこんな映像作りたい、みたいな話してたんだと思う。PVみたいなものを。

設定は江戸時代の遊郭で、主人公は遊女。
想い想われな男がいたけど、今はいない。
去年はいたけど、今年はいない。
そんな感じの設定だったかな?

で、今となってはどこまで妹のアイデアが入ってるのか分からないメモが出てきたと。
さぁ、モヤモヤするだけの断片的なメモを見よ。
( )内は現在の私が入れた補足。

*****

◆春
 思い出…橋に腰を掛けている
 大荒れ…桜の下で泣く(おそらく遊女が)

◆夏
 思い出…笹舟を二人で川に流す
 大荒れ…水の中に入っていく(おそらく遊女が)

◆秋
 思い出…酒を二人で飲む
 大荒れ…落ち葉の上にごろり(おそらく遊女が)

◆冬
 思い出…椿を手折る
 大荒れ…雪の中を叫びながら走る(おそらく遊女が)


◇春-遊郭-

桜が散っている。
橋の欄干に座り、貝殻を手の中にして、キセルをふかすヒナユリ。(おそらく遊女の名前)
小鳥が桜の花の蜜を吸っている。
そのたびに花が散る。
飛び立ってゆく小鳥。
ちはや(おそらくヒナユリお付きのかむろ)が店から出てくる。
ヒナユリは思い出している。
桜の下で泣いた記憶。
諦めるように煙を大きく吐き出す。
――と、桜の花がいっせいに散りだす。
突風が吹いたかのように。
ちはやがそれに驚く。
ねぇや(おそらくヒナユリ)も驚く。
ヒナユリが「あぁ!!」って感じで立ち上がり、辺りを見渡し。
水面に目をやると、水面が桜一色に…。
ちはやが嬉しそうにやってくる。
その姿に、団子を食うことにするねぇや。(多分、ちはやが団子持ってきた)
欄干に再び腰かけ、隣にいたはずの男を想う。
キセルを消す。

*****

ここまでしかない中途半端メモでした。
ね、モヤモヤするでしょ?
(´∀`σ)σ




ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人