(潮)映画「パンズラビリンス」のビート-6 - さかえのよ
FC2ブログ

(潮)映画「パンズラビリンス」のビート-6

パンズラビリンス
03 /07 2019
※映画のネタバレしてます。
※この記事にあるジャンルやビートは、私が「save the cat」という脚本術の本を参考に分けたものです。断定的に書いてはいますが、練習ですので間違っている可能性が十分にあります。ご了承ください。
※ジャンルやビートの説明については、このブログでは特にいたしません。ご自身でご確認ください。
※ジャンル分け記事同様、ビート分け記事も個人的なメモ要素が高いので、意訳になっていたり、映画を見ていないと解らない表記もあると思います。そのへんはもろもろお許しを。
※◇がビートです


*****


◆第3幕

◇フィナーレ
 @夜中に駐屯地を抜け出し、雨の森の中を行くメルセデスとオフェリア
 @しかし大尉に見つかり、捕まってしまう二人



 @大尉がオフェリアの腕を乱暴につかみ、彼女の自室まで引きずってくる

大尉「いつから知ってたんだ!(平手打ちを受けるオフェリア) 私を馬鹿にしていたのか、こいつめ!」

 @侵入者が来たらオフェリアから殺すよう部下に命じ、立ち去る大尉
 @部屋にカギをかけられ、泣き崩れるオフェリア



 @食糧庫にて、縛り上げたメルセデスに尋問開始する大尉

大尉「(部下に)下がっていいぞ」
部下「お一人で大丈夫ですか」
大尉「心配ない、たかが女だ」
メルセデス「たかが女だって思ってたから、だますことができたのよ」
大尉「なるほど、私の弱点を見つけたな。自尊心だ」

 @どんな拷問にかけて白状させてやろうか、とノリノリで拷問用具の説明を始める大尉
 @その間にメルセデスは、普段から隠し持っていたナイフで縄を抜け出す
 @油断しきっている大尉の背中にナイフで襲い掛かるメルセデス
 @割と形勢逆転

メルセデス「私は年寄りでも怪我人でもない! 腐った豚め、あの子に手出しはさせない!」

 @大尉の頬をナイフで切り裂き、食糧庫から逃げ出すメルセデス
 @食糧庫の外では、以前拾った宝くじの当選番号をラジオで確かめている軍人
 @メルセデスが逃げたのに気づき、当選確認がうやむやになる
 @メルセデスを追いかける軍人たち



 @森に逃げ込むも、馬で追ってきた軍人に追いつかれてしまうメルセデス
 @ナイフを取り出して構えるメルセデス

軍人「無駄な抵抗はしないほうがいい。大人しく従うんなら…」
メルセデス「(ナイフを自分の首にあてる)」
軍人「馬鹿な真似はよせ。お前を殺すのは……私の役目だw」

 @自分の命が盾にはならないことを知り、絶体絶命のメルセデス
 @そこへゲリラ仲間たちが登場し、軍人たちを一掃
 @命拾いしたメルセデス、ゲリラリーダーの弟と抱き合う



 @その頃、部屋に閉じ込められているオフェリアのもとにパンが登場する
 @「最後のチャンスを与えてあげよう」とパン
 @泣きながら思わずパンに抱きつくオフェリア

パン「言うとおりにするかね?」
オフェリア「(うなずく)」
パン「たとえそれがどんな事でも、質問してはいけない。これはあなたにとって最後のチャンスだ。弟を連れてきて、ともに迷宮へと向かうのです。できるだけ急がねばならない、王女様」
オフェリア「弟を? でも…」
パン「おっと、質問はいけない」

 @部屋の扉が開かないということで、またチョークをくれるパン



 @メルセデスを殺すことに失敗し、負傷して製粉所に帰ってくる大尉の部下



 @大尉はと言えば、メルセデスに切り裂かれて口裂け女みたいになっちゃった頬を自力で縫合中(ここ大尉の痛々しい演技とCGクォリティの見せ場。たっぷり1分くらいかけて縫合シーンを見せまするw)
 @その後ろでは、大尉の部屋に忍び込んだオフェリアが身を潜めてる
 @オフェリアは大尉の部屋から弟を連れ出すチャンスをうかがっている
 @オフェリアは大尉の机に手をついた拍子に、持っていたチョークを机上に置いてしまう
 @やっとこさ縫合も終わり、チョークの存在に気づく大尉
 @部屋に侵入者がいるのではと探す大尉だが、オフェリアは隠れている
 @そこへやってきた部下に連れられ、部屋を出ていく大尉
 @オフェリアは大尉がガブ飲みしていた酒に、カルメンが飲んでいた睡眠薬をたっぷり入れる



 @負傷して戻ってきた部下から、形勢が不利だということを聞かされる大尉
 @ゲリラ50人に対し、自分たちは20人以下



 @弟を抱きあげるオフェリア

オフェリア「よそへ行くのよ、二人で一緒に。怖がらないで大丈夫だから」 

 @しかし大尉の部屋を出る前に、大尉が帰ってきてしまう
 @慌てて隠れるオフェリア
 @大尉は懐中時計を確かめ、オフェリアが薬を入れた酒を飲み干す
 @大尉の目を盗み部屋を出ようとするオフェリアだが、見つかってしまう
 @外からは爆発音がしている
 @走って逃げるオフェリア
 @早くも薬が効いて、足元ふらつきながら追いかける大尉



 @弟を抱いて建物の外へと逃げるオフェリア
 @外はゲリラが襲撃してきており、銃撃戦のてんやわんや



 @その頃、オフェリアの部屋にメルセデスが到着
 @迎えに来たのに、オフェリアは部屋にはいない
 @メルセデスが部屋を見渡すと、壁にはチョークで描かれたドアが残されている。それはオフェリアが第2の試練の時に描き、砂時計が落ちきるとともに消えたはずのドアだった



 @弟を抱え、製粉所の横にあるあの迷宮へと逃げ込むオフェリア
 @追いかけて自分も入っていく大尉
 @逃げるオフェリアは、迷路の行き止まりに突き当たってしまう
 @しかし石壁が勝手にうごめいて開き、オフェリアはその先へ逃げ込む
 @オフェリアが通るとすぐに石壁は元どおりになり、大尉はオフェリアを見失う



 @迷路最奥にある、井戸のような深い穴までやってきたオフェリア
 @以前は深い穴の底で待っていたパンだったが、今は外でオフェリアを待ち構えていた

パン「王女様、急いで! さぁ早く坊やをこちらへ! 今こそ扉を開ける時がきたのです」(第2の試練でオフェリアが入手した短剣を持っているパン)
オフェリア「その剣はなに?」
パン「この剣を使って無垢なる者の血をささげなければ、扉は開かないのです。ほんの少しあればいいんだ、少しつっつくだけ。これが最後の試練なのです、さぁ早く」
オフェリア「(後ずさって拒否)」
パン「私の言うとおりにすると約束したはずだ! 早く弟を渡せ!」
オフェリア「いやよ! この子は絶対に渡さない!」
パン「そんなよく知りもしない赤ん坊のために、あなたの聖なる権利を手放すというのか? 母の命を奪い、あなたにすべての不幸をもたらした者のために、王家の位を捨てるのか!」
オフェリア「ええ…そうよ……」

 @オフェリアの背後には追いついた大尉が登場
 @大尉の目にはパンが映らず、オフェリアが一人で話しているように見える

パン「ならば王女様のお心のままに、好きになさればよろしいでしょう」(消える)

 @大尉がやってきて、オフェリアから赤ん坊を取り返す
 @「だめよ」と叫んだオフェリアに大尉は発砲し、立ち去る
 @その場に倒れるオフェリア



 @赤ん坊を大事に抱えた大尉が迷路から戻ると、出口をゲリラたちが包囲していた
 @死を悟った大尉は、大人しく息子をメルセデスに差し出す
 @メルセデスが引き取る息子を見つめる大尉
 @大尉が懐中時計を取り出して握りしめる

大尉「息子に伝えろ、父が死んだ時刻を。勇敢に……」
メルセデス「いいえ。あなたの名前さえ教えないわ」

 @メルセデスの言葉に驚いたっぽい表情の大尉だが、すぐに射殺される
 @赤ん坊の泣き声が響く



 @迷路の奥までオフェリアを探しに来たゲリラたち
 @深い穴のふちに倒れているオフェリアを見つけ、近寄るメルセデス
 @オフェリアの腕は穴のほうへ伸びており、そこから垂れるオフェリアの血が深い穴の中へと滴っている
 @オフェリアの血が穴の底にある石像(赤ん坊を抱いたオフェリアとパンをかたどったというもの)にも降りかかる
 @まだオフェリアは生きている
 @その横でメルセデスが子守唄をうたい、冒頭のシーンが今ここだったのだと判明する



 @死のふちにいるオフェリアに光が差し、「娘よ、立つのだ」という王の声が聞こえてくる
 @立ち上がったオフェリアは次の瞬間、魔法の国に戻ってきている
 @そこは金色に輝く王宮で、オフェリアもきれいな身なりをして、玉座には王と王妃が座っている

オフェリア「父上…」
王「そなたは無垢なる者のかわりに血を流した。それこそが最も重要な最後の試練だった」
パン「正しい選択をなさいました。気高き王女様」
王妃「こちらへいらっしゃい、父上の横に座るのです」

 @王妃は髪の色こそ違うがカルメンと同じ顔をしていて、赤ん坊を抱いている
 @化け物に食べられたはずの妖精たちも生きていた
 @オフェリアの帰還をたたえ、光輝く王宮に響く拍手喝采



 @深い穴のそばで死にかけているオフェリア
 @その顔に笑顔が浮かんだあと、オフェリアは息を引き取る
 @泣き崩れるメルセデス
 @深い穴の中が覗き込むように映されるが、穴の底にあの石像が本当にあるのかどうかよくわからない


◇FINイメージ
 @またも冒頭と同じ声で締めのナレーション
 @その内容は…
 ・姫は王様の待つ王国へと戻った
 ・正義と優しさで何世紀も国をおさめた
 ・姫は皆に愛され、この地上の世界に小さなしるしを残した
 ・もし気をつけて探せばきっと(そのしるしに)出会えるでしょう

 @ナレーションとともにオフェリアがカエルに出会ったイチジクの木が映され、枯れ果てていたその枝に一輪の花が咲く
 @花のもとにナナフシが飛んでくる



 
*****


【感想】
疲れました…。
まだ書きたい解釈があります。
長いので次の記事で。



ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人