「私のあなた、あなたの渡し」日記 - さかえのよ

(潮)現状のプロット

「私のあなた、あなたの渡し」日記
09 /16 2016
久々に来ました。
放置してたら、すっかり広告が出ていたよ。
さーて。
今回も、現状のプロット記録しておこう。

*****

マリアでつまづいてるなんて言ってましたが、あのあと、改めてタット主人公のプロットからまとめ始めました。
PCではなく、アナログに書き込めるよう自分なりのプロットシートを印刷して、鉛筆でガリガリ書いて。
書いては消しを繰り返してる間に、見事に用紙がボロけまして。
自分の考えはこんなにもブレまくっていたのかと失笑などして。
やっぱり主人公はタットで行くのが望ましいんじゃないかと、今は思っています。


【大まかな現状タットプロット】

◆第1幕
舞台は大航海時代のような、帆船行き交う世界。
そこに、奴隷として働かされている孤児を保護する施設があった。
タットは施設に保護された少年。
その施設長はとてもいい人で、タットだけでなく保護された孤児はみな、彼を慕っていた。
だがある日、その施設が暴漢らに襲撃され、施設長が殺されてしまう。
そして孤児は全員、暴漢らに捕まってしまい、世界各地に売り飛ばされることに。
とある孤島に売り飛ばされたタットは、暴漢の集団をしきっていたリーダーを一番の仇とみなし、施設長を殺された恨みをいつか晴らしてやろうと心に誓う。
しかしタットには、その孤島から出るすべがなかった。

そこへ現れるのが、これまた仇討ちのために旅をしているカンク船長。
カンクとともになら島を出られる方法があることが判明し、タットはカンクの船で、ともに仇討ちの旅に出ることになる。

◆第2幕
タットは他人に対してとても心を閉ざしていた。
施設が襲撃されたのは、自分のせいだと思っていたから。
施設が襲撃される前、タットは暴漢のリーダーと接触していた。
その時の暴漢リーダーは善良な人間を装い、タットに近づいた。
なついたタットは施設の場所を知りたいという彼に、教えてはいけないというその場所を教えてしまったのだ。
だからもう、誰かに騙されないように心を閉ざした。
なかでも、暴漢リーダーが装った善良な姿に一番似ていたカンクを、タットは毛嫌いする。
それなのに、カンクがどこかしら施設長にも似ているのが、タットを困惑させた。
一緒に旅をするうち、「ずっとお前と一緒にいよう」と公言するカンクや、その仲間である船員たちと、だんだん馴れ合ってしまうタット。

旅の途中、カンクの仇討ちが先に果たされる。
カンクの仇討ちが、自分のような「恨み」から発生するものとは、様相がだいぶ違う事を目の当たりにしたタット。
仇討ちとは、殺した仇の死を背負って生きること…とも言えるんじゃないだろうか。

旅は進み、仇である暴漢リーダーも首尾よく見つけることができた。
彼を追い詰めた結果、コイツの死を自分は背負えるだろうかと自問するタット。
そうこうするうち、当初思い描いていたのとは違ったものの、恨みを晴らすという目的からは解放されるタット。
タットの仇討ちの旅はそこで終わりとなる。

◆第3幕
カンクらの働きにより善意の引き取り先も見つかり、もう孤児でも奴隷でもない、普通の子供への道がひらけるタット。
タットと別れたカンクらが向かうのは、子供など連れていけない危険な場所。
置いていかれた理由は解る。
けど結局、自分は置いていかれたのだ。
「ずっと一緒にいよう」なんて言葉、少しでも信じた自分が許せなかった。
そして、許しがたいそんな大嘘をついたカンクも、ホントに許せない。
あんなやつはどこかへ行ってしまえばいい、オレの前から消えてくれてせいせいした。
そんなことを口にしつつ、カンクに対して「恨み」の念が湧いてきたタットは、最短ルートで「恨み」を消し去ることになる。


*****

こんな感じ。
詳細を書いてしまったら、それはもう小説のボリュームになってしまうと思って、かなり大雑把に書いてみたけど。
これでも書きたい軸は伝わるでしょうか…?
テーマは「恨みを晴らす」かな。
このタットプロットに対して、カンクのサブプロットを重ねていきたいわけですが、上手くいくだろうか。
でも上手く絡めないと、逆に、まとまらない話になってしまうよな。

んで、カンクプロットの重ねが首尾よくいったら、マリアのサブプロットもそっと重ねていきたいわけです。
マリアのも上手くいったら、他のキャラのも…なんて夢見る。
とにかく、ミルフィーユにしていきたいわけです。








(潮)設定の変更

「私のあなた、あなたの渡し」日記
08 /11 2016
そうだそうだ。
キャラ設定の変更点があったから、書いておこう。

●カンクに嫁がいた

嫁なんぞをこさえてみましたよ。
まぁ嫁、死んでるけどな。
といっても最終的にいなかったことになるかもしれないけど。
今のところは既婚者になっている(笑)




ぶれない軸をください。
(必死)

(潮)ひっさびさだな!

「私のあなた、あなたの渡し」日記
08 /02 2016
ブログ書きにくるのも久々にござる。
まーその、あれだ。
進んでない。
♪(/・ω・)/ ♪

突き進んでやるぜ!
っていう熱意が出てこんのよ。
熱意がよ。

今までの作品は、一応ながらも、自分の中での締切日を決めてやってました。
気が焦っていたというか、とにかく完成させるのが目的だったから。
でも今回は締切を決めないで取り組んでます。
「とにかく完成」よりも、「じっくり向き合いたい」モードに変わってきてるような。
そんな状態です。

だからなのか、作業がもうのんびりゆっくり。
できない時はできないもんだな、あはは!
って放置。
放置っていうか放棄。
気が向かなければ、向くまで待とうかなーっていう状態で。

いろいろ試行錯誤してます。

(潮)目がっ、目がぁー!

「私のあなた、あなたの渡し」日記
07 /07 2016
目がもうカサカサです。
まー、そんなことはど-でもいいんですが。

***

先日、妹と母が電話した時に、妹の口から出たという言葉を聞いて、ムホッって思いました。
そうだそうだ、それだったそれだった。

マリアっていうキャラがね、私自身から遠すぎてよくよく見失いがちになるんですけれども。
ってか、今も軽く浮遊してるんですけれども。
妹の口から出たそれは、マリアが言いそうな言葉そのもので。
おおぅふ!
マリアいたー!
でしたよ。
そうだった、そうだった。
それがマリアの動機そのものなんだったわ。
そうだった、そう設定してた、はいはい。

その言葉はねー、私のダンナさんも言いそうな…ってか確実に言ってる言葉でねー。
妹と私のダンナさんは割と性格的共通点が多くてですねー。
あー、こいつらやっぱりマリアコンビ、って思う時あるな、俺は。

また忘れないようにして、その動機をちゃんと反映したものを作りたいと思います。
その言葉がなんだったかは、今は秘密♪

そういや余談。
この話とは関係ないけど、ダンナさんがね、言ってたんだよ。
今働いてる職場では、クリエイターさんたちが真後ろで作業してるらしいんだけどね。
その人たち見てると、妹がそこで働いてる様子が簡単に想像できるって。
妹みたいな人たちがわんさかいるって。
自分はそういうオタクでクリエイトな雰囲気にはなじめないんだけど、妹には合ってるだろうって言ってた。
この点が二人の相違点なんだな、きっと。
やっぱ、妹にはそういう仕事が向いてるんだろうね、って言ってた。
でも今は違う仕事してる妹。

タイミングだなー、って言ってたよ。
いまなら全然、紹介してあげられるのに。って言ってた。
でもいまは、この仕事に転職できないんだろうしなーって。
惜しいよなーって。


***


ほんでまたも余談。
今朝とと姉ちゃん見てたら、声優の平田広明さんが出てたよ。
サンジの声の人な。

私はドラマやCMなんか見てると、無意識に人物チェックしてしまう癖があって。
この人誰だっけ?
どこで見た人だっけ?
って、とにかくどこで見た顔だったかを思い出そうとする。

仮面ライダーに出てた若手俳優さんたちなんか、その癖をメチャクチャ刺激してくる。
忘れた頃にCMにちらっと出てきたりするから、ぬぉー!この人どこで見たっけ!!って脳内が活性化する。

でな、今朝のとと姉ちゃんでな、平田さんが出てきたときな。
初めはうつむき加減だったので、なんとなくスターにしきのさんかと思ったわけだ。
でも顔上げたらちがくて。
あー、違ったか。
うーん、でもどっかで見た顔の人だぜ?
どこで見た人だぜ?
って、脳内フル活動。

しゃべったら声で解りました。
サンジー!

声やしゃべり方に特徴あるよね、やっぱりね。
たぶん、好きな声だから解るんだろうけどね。
すごいね、声優ってね。
この人のしゃべり方がめっちゃイメージ湧くんだよな。
好きなんだよなー。
これなんだよ。
これがいいんだよ。
この雑な感じがな!


***

以上、最近はなんかマリアがキテル。
でした。

(潮)ちゃぶ台に手をかける

「私のあなた、あなたの渡し」日記
07 /04 2016
なーんか。
タット主人公で進めてんですけど。
ちょっとどーなのかなこれ、って思えてきて。
おじさんたちの過去を挟み込むの難しいな、って悩めてきて。
目標としては2時間映画くらいの展開を目指してんですけど。(読了時間じゃなく、流れを目標にしてる)

ムリっぽ!
ヾ(o´∀`o)ノ

って感じじゃん。

でもカンク主人公にしちゃうとさー。
タットが出てくるのって後半になっちゃうからさー。
いろいろ、いろいろ、迷っている。

けどね。
とりあえずは、タット主人公で最後までプロット作ってみる。
ゴリ押しでおじさんたちの過去も挟み込んでみる。

ほんで、カンク主人公バージョンも作ってみる。
そうするとエピソードの半分くらいは時系列に描いていける気がするから、それでどうなるか、確かめてみる。

そしたら脚本術とかちょっと置いといて。
より書きたいのはどっちなのかなぁって、自分と相談してみます。

(潮)なんとか最後まで行けました

「私のあなた、あなたの渡し」日記
05 /16 2016
付箋プロット、なんとかラストまでたどり着きました。
なんか上手くいきすぎていて怖い。
そりゃ、詳細をつめていかねばならないけど、こんなにスムーズでいいのかしら。
もっと迷走しなくていいのかしら。
こんなものー!って陶芸家やらなくていいのかしら。

へへへ。

とりあえず現在、やりたかったことの9割をねじ込むことができています。
他キャラたちのエピソードも、ここなら入れられそう…かな?って状態です。
でも一人だけ残ってて。

マリアです。
マリアのエピソードがまだ入れられない。
これが残り1割。
けどこれは入れたほうがいいような気がしてます。
ブースターってやつです。
間延びしそうなところに配置しておけば、飽きない一助にはなるかなと。
飽きないどころか、読み手の混乱を招くようならちょっと考えものですが。
その場合は入れないで行こうぞ。

プロットは数日寝かせてから、気持ちも新たに読み直してみたいと思います。
ホントにできてんのかしら。
自己不信でいっぱいですぜ!(笑)


(潮)付箋プロット作成中

「私のあなた、あなたの渡し」日記
05 /12 2016
GWにドタバタし、気づけば五月も10日ほど過ぎましたな。

さて、プロット作りの近況ですが。
例の仇討ちバージョンでそこそこ進んでいます。
っていうか、脚本術にきっちりしようとするとなかなか進まないので、ざっくりと脚本術に寄り添いながら進めてる感じです。
現在は3幕構成でいうところの、3幕に入ったあたりをゴソゴソ。
とりあえずではありますが、2幕の難所を割かし迷うことなく通過したことに、自身の成長を少しは感じているところです。

カツピーの時にしこたま迷走した難所が、2幕と3幕に存在します。
確か、セントラルクライシス(2幕)と、クライマックス(3幕)ってステップだったかと思います。
どうも私はこれらを混同しやすいようで、セントラルクライシスでやるべきことをクライマックスでやろうとしていたり。その逆もあり。
頭の中にあるこのシーンはどっちでやるべきものなのか。
少しずつですが、それが解ってきたような気がします。

で…、このままラストまで仮プロットが行けるのなら、一度くらいは空を見上げてニヤニヤしようかなともくろんでいます。

ただ、いまの感触だと、入れたいなと思っていた脇キャラのストーリーがねじ込める気がしません。
本筋のテンポが悪くなるような予感しかしなくて、入れる気になれないというか。
におわす程度で終わって、別に番外編を書くことになるような気がしたり…。
どこにどうやって入れればいいのか、やはり入れない方がいいのか。
ま、流れに任せてみます。

で。
自分の頑張りを自分で誉めるべく、写真なんぞ撮ってみました。
何が書いてあるかが読み取れると恥ずかしいので、粗いですが。
プロットの第1稿はいつもこんな感じです。

image1.jpg

とにかく、付箋でベタベタ貼っていく。
シーンを入れ替えようと思ったらすぐにはがせるし、付箋めちゃんこ重宝。
バインダーも同じ理由で重宝。

ページの左側にある小さめの付箋は、そのシーンの場所と、何が起きるかを簡単に書いたもの。
右側の大きめの付箋は、そのシーンの出来事をもう少し詳しく、順番にメモ書きしたもの。
今回は色分けもしてて。
黄色っぽいほうは、主人公側のシーン。
赤っぽいほうは、敵側のシーン。

手前にあるノートは、付箋プロットを作る前に殴り書くためのもの。
ただ思いついたことも書くし、案をまとめるためにも書くし。
泣きごとなんかも書く^^
落書きもするし、気になってる曲の歌詞なんかも書いたりする。
基本的に書きたいことを書くだけなので、時系列でもなんでもないし、アウトプットにもインプットにも使うノート。
脚本術の本から抜き書きしたものもあれば、脳内から掃き出したボツ案なんかも、ごっちゃまぜ。

だから、時間経つと忘れちゃうんだよね。
なんのメモだったか忘れないうちに付箋プロットに作りなおさないと、非情にラビリンスなシチュエーションが待っている。

殴り書きノートのほうは、反映済みとなったメモやボツになったメモを、×つけて消します。
ページの裏表全部がバツになると、ページごと半分に折りたたみます。
全ページが半分に折りたたまれたら、それはそれで保管しておき、小説が完成した時に「イェーイ!」ってゴミに捨てます。

付箋プロットのほうは、完成したら、PCに書き写します。
もっと詳細なものをエクセルで作ります。
プロットの清書です。
付箋プロットもずっと保管しておきますが、やはり、小説が完成した時に「イェーイ!」ってゴミに捨てます。

この捨てる瞬間が、実は結構好きなのです。

(潮)あえての方向へ

「私のあなた、あなたの渡し」日記
04 /25 2016
5年でやめれるのが趣味。10年以上やめれないなら道。金になろうがならなかろうが、死ぬまでそうしているならば、選ぶも選ばないも無い本質。

最近、こんな名言をネットで見かけました。
そういや小説書き始めてまる10年が過ぎました。
ネットで公開し始めたのが2006年6月だったはずだから、もう少しでこちらも10周年。
めでたいやら、なにやってんやら。

でも確かにやめられないですね。10年以上も。
なんでやってるのか、ほんと解らないけど。
やめられない。
やめようとしてもまた机に向かってる。
とはいえ、遅筆だから10年って言われても、ピンとこんな。

*****

さて、プロット作りの続きを。
前々回の記事で、こんなの持ち出しました。

テーマ
1:人を信じるか、信じないか
2:人を助けるか、助けないか
3:生死を操ることについて

で、3はできそうにないから、1か2で行くみたいなこと言ってました。
あれから数日たった今、3の方向でプロットが進んでいます。
フゥー!

なんだろうね。
言ったこととやることがいつも違うよね。
多分あれから色々あったんだろうね、この脳内で。
私が寝ている間とかに。
きっと。

ほんで、上手くいくか解んないけど、変に3部作とかにもしないで行こうかなと企んでいる。
っていうか、どこで3つに切っていいか迷い始めたので、ええいもう1部作で行くぞっていう強行。
つまりはタット主人公の成長物語のなかに、いろいろ、そう、いろいろとぶっこむ。
今はそのぶっこみ作業をしてるわけだけど、なにやら超大作みたいになってきて、大長編の恐怖でいっぱいだす。
終わりが何年後になるのか、ほんと泣きそう。ハッハッハ。

んまー、なんにせよ、自分なりに上手くまとめられることを願います。

今まとめようとしているテーマも、厳密にいうと違ってきてて。
「生死を操ることについて」ではなく、「仇討ちの是非」って感じに変わってきてます。
なんだかやりたい事をこねくり回しているうちに、タットにとっても「仇討ちの旅」になってしまったのです。
カンクも仇討ち目標の旅なので、仇討ちコンビ新結成です。
ハハッ、もういいや!
みんなで討ちに行こうぜ、仇をよ!
ヽ(´∀`)ノ なるよーになれー





(潮)good luck を和訳する

「私のあなた、あなたの渡し」日記
04 /19 2016
頭の中がなかなか新しくならない。
そんななか、なんだかこの曲が頭の中を支配しているんだよな。
きっとなんか意味がある。
ということで、和訳してみることにした。
対訳カードどっかいっちゃって、自分なりの和訳である。
(5/7 修正)

****

Good Luck
(Basement jaxx)




Tell me tell me
教えてくれよ

is life just a playground
人生ってぇのは遊び場か?

Think you're the real deal honey
自分をマジでイケてるなんて思ってんだろ、ハニー

And someone'll always look after you
そりゃあ、いつも誰かが尻拭いしてやってっからだよ

But wake up baby
いい加減 目ぇ覚まそうぜ ベイビー

You're so totally deluded
あんたは すっかり騙されてんだ

You'll end up old and lonely
あんたって 最後にゃ 孤独に老いぼれて終わるクチだよな

If you don't get a bullet in your head
ま、あんたがその頭に銃をぶっぱなさないとしたらそうなるよ、ってハナシだけど

Good luck good luck
祈ってますよ 幸運を

Good luck in your new bed
せいぜい頑張ってよ 新しいベッドとやらで

Enjoy your nightmares honey
悪夢を楽しんじゃってね ハニー

When your're resting your head
頭が眠ってる間にさ



You sold me sold me
裏切り 裏切り

Sold me down the river now
よくも裏切ってくれたよな

Hope you're feeling happy now
俺は願ってるよ あんたがいま幸せなことを

Now you'll always have a sneer in your smile
どうせいつも にっこり笑顔で嘲笑ってんだろうけど

But wake up baby
いい加減 目ぇ覚まそうぜ ベイビー

You're so totally deluded
ばっちり騙されやがってよ

You'll end up old and lonely
あんたって 最後にゃ 孤独に老いぼれて終わるクチだよな

If you don't get a bullet in your head
ま、あんたがその頭に銃をぶっぱなさないとしたらそうなるよ、ってハナシだけど

Good luck good luck
祈ってますよ 幸運を

Good luck in your new bed
まぁ頑張ってよ 新しいベッドとやらでさ

Enjoy your nightmares honey
悪夢を楽しんじゃってね ハニー

When your're resting your head
頭が眠ってる間にさ



And I'm glad so glad
嬉しくてしょうがねぇんだ

that I'm done with you
あんたと終わったことが

No more crying crying
もう泣いたりしねぇよ

leaving me so black and blue
消えてったぜ あれも これも 

You backed me up against the wall
あんたは 壁まで追い詰めた

but I stand tall
けど俺 ビシッとしてただろ

Don't give a damn no more
馬鹿にすんなよ もう

Oh baby bye bye
オーベイビー バイバイ

No more lies
もう嘘はこりごりだ

No more lies
もう嘘はたくさん

No more lies
もう嘘は要らねぇんだよ

Without you
あんたなしでいい



Good luck good luck
祈ってやるよ 幸運を

Good luck in your new bed
せいぜい頑張ってよ 新しいベッドとやらで

Enjoy your nightmares honey
悪夢を楽しんじゃってね ハニー

When your're resting your head
頭が眠ってる間にさ

(潮)テーマについて3

「私のあなた、あなたの渡し」日記
04 /13 2016
ちゃぶ台のアクロバットをお届け中です。
今日はちゃぶ台まわりを、ふきんで拭いてきれいにしよう。
結論を整理してから書きにくるつもりはサラサラないから、思考中でもどんどん書くぜ。

***

●とりあえず迷ってたテーマたち
1:人を信じるか、信じないか
2:人を助けるか、助けないか
3:生死を操ることについて

1と2は、まぁ兄弟みたいなものなのでセットとして考える。
3は、上の兄弟とはまったく別物になる予感のやつ。

初めは1・2兄弟で迷い。
そのうち、3なんじゃね?なんて言いはじめ。
やっぱり1・2兄弟のような気がしている今日この頃。

改めて考えてみると…

3の要素が作中に一貫して流れているのは、間違ってないと思うんだ。
けどそれは、テーマとして語れるほどかというと、ちょっと違うのかなって思った。
違うと思った理由は、これを語るのなら、主人公がタットじゃ無理みたいだということ。
多分、カンク、もしくは彼の過去に関わる人物が、主人公の話になっちゃうんだと思う。
とにかくカンクにまつわる話になっちゃう。
でも、カンクを主人公にしちゃうと、タットとやりたかった話からずれちゃうんだよな。
だから、テーマ3はできない、ってことなんだ。
今はあくまでタットが主人公でないと。

なのでこのテーマ3は、また別の話として書くのが無難っぽいです。
ずっと前にも書いたけど、たとえば3部作にするとかさ。
「私のあなた、あなたの渡し」というシリーズものにし、作品としては区切りをつけつつ、テーマを変えた話をやってく形かなと。
今はそう思っています。
ヽ( ´_`)丿ニョヘー

混乱するのはさ、カンクって男の人生を、割と長期間に渡り設定しちゃったところにあるんじゃないかな^^
生まれる前はこうでこうで、生まれた頃はこうで、何歳でこうなって、何歳で誰と出会って、何歳で、何歳で…
関わるキャラが増えるたびに、人生の節目設定も増えたりして。

小説を書こうなんて考えだす前からこういう遊びをしてたもんだから、全然、小説ありきじゃないんだわな。
ただの人生ゲームなんだわな。

こういう人物設定をすること自体は悪いこととは思わないけど、「それをもとに」作品に使いこなすとか、作品に使うべく整理するっていうのはけっこー大変なことなんだなと最近思っている。
人って誰しも、人生の中で「一貫したテーマ」と、その時々での「一時的なテーマ」があるような気がする。
現実の人間でもそういう傾向があるんだから、作成された人物なんかはもっと顕著な気がしてて。
作った自分自身が、この話ではどっちのテーマを使えばいいんだ?って混乱してる。

まぁ、初体験だから仕方ないよね。
「人物先行型」の創作はまだ完成したことがないんだから。
慣れれば、どれをチョイスすれば「作品」になるのか、解ってくる気がします。
場馴れとか、経験値みたいなものだと思う。
「テーマ先行型」とは、やはり勝手が違うなー…。

あとね、長編が好きな理由は、きっと自分自身が、書いてる人物や事柄を好きになれるからだと思う。
私は自分にとって「嫌いなもの」や「苦手なもの」を題材に選ぶことが多くて。
そのせいで難産になっちゃうのかもしれないんだけど…。
けど書いてるうちに、それを好きになったり、許容できるようになってくるのが実は楽しいんです。

自分の中に、新しい価値観を定着させるのには、もってこいな気がしてます。
物語を書くことって。


ぐろわ姉妹

実の姉妹が小説を共同制作しています

ぐろわ姉妹
潮八(姉):発動する人
斑丸(妹):調整する人